« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

2008年が暮れていく

 仕事納めはJユースカップ決勝。今年の始動は、U-18のスペイン遠征帯同だったから、U-18に始まりU-18に終わった2008年でした。ガンバとの決勝は、「地力の差」「個々の能力の差」のようにも見えました。実際にそうだったかもしれません。でも、一番大きな「差」は、「育成の積み重ねの差」だった気がします。

 一朝一夕にはいかない、長い年月の積み重ね。ひいてはクラブがどんな思想をもってきたのか。長居スタジアムの寒風にさらさられながら、そんなことを考えていました。

 という小難しいことはさておき、選手たちのプレーは見ていて気持ちのよいものでした。組織として機能しているときの小気味よさ。特長を前面に出した奔放な動き。何人かの選手が、緊張してテンパっているのもらしかったし、貴重な経験は次に生かせばいい。あの試合を最後にセレッソを巣立つ選手、来季はトップで同じユニフォームを着る選手、それぞれ、舞台は違っても。

 引退したばかりのモリシが選手たちを激励に訪れていたのも、微笑ましかった。試合後、号泣する選手を励まし、健闘を称える姿に、時の流れを感じたりもした。モリシは選手でなくなったけど、同じエンブレムを胸につけた多くの才能が若いチームにいる、そんなこともうれしく感じた。

 クラブとして、最大の目標を果たせなかった今年。反面、華やかな話題や注目されることが多かった。ややもすると大事なことを見失ってしまいそうな2008年だった。何をすべきなのか、このままで本当にいいのか。2009年はさらに感覚を研ぎ澄ませていきたいと思う。

 忙しいことを口実に、見事にほったらかししにてしまったこのブログ。自分の立ち位置を確認するためにも、新しい年はできるだけこまめに書きたいものです。

 新しい年こそ、いい年になりますように。

| | コメント (1)

2008年12月 7日 (日)

感謝!

  寒い寒い1日だった。けど、長居スタジアム周辺は「あたたかさ」にあふれていた。モリシらしい、ありがとうセレモニー。サプライズあり、笑いあり・・・スタジアムに来てくださった皆さんに感謝。モリシのことが大好きな人たちが集まった長居スタジアム。私は絶対に忘れることはないでしょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

モリシ、大丈夫だから!

この日までに、絶対何か書こう、書こうと思っているうち、ついに明日になってしまった。「モリシラストマッチ」、このひと月、何度この文字を打ったことやら(笑)。まだまだ時間があると思っていた12月6日まであと数時間である。違う、もう数十分しかない。

 ここからは、今までセレッソを引っ張ってきた、やさしくて、生真面目で、ちょっと頑固なあの人に向けて、私からのメッセージを。

 きっと、いろいろなシチュエーションを想像して、あーでもない、こうでもないと、気をもんでいるのではないでしょうか。今まで渇望していた試合出場がかなう、となって初めて、「大丈夫やろか?」なんて思っているかもしれませんね。

 でも、大丈夫。みんながついている。私たちスタッフもがんばるから。この日のために、モリシのために、いろいろな人がいろいろな場所で見守っている。サポーターの皆さんもみんながんばってくれている。頼もしい後輩たちも「森島さんのため」にも恥ずかしいプレーはできないのだから、きっと今季最高の試合をするはず。そして、貴方がピッチに出る最高のお膳立てをきっとしてくれる。

 だから、いままでどおり、ごく自然にホームの芝生を踏めばいい。最後のピッチを、思い切り楽しんで。ハマちゃんも、シンジも「アシストする」と張り切っているから、できればゴールを決めてね!  大丈夫、みんながついているから。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »