« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年7月31日 (木)

ここ最近のこと

 今日で7月もおしまい。前回の更新から10日、その間のできごとについて、記憶をたどりつつ。

 我らがセレッソ大阪U-18が、先陣を切ってJヴィレッジに乗り込み、挑んだクラブユース。「グループリーグを抜けるのがすごく難しい」。開幕直前、副島監督はそう言っていました。「何とか、突破して!」と和歌山から祈っていました。そして、届いた吉報・・・しかし、レイソルに惜敗し、ベスト4はなりませんでした。でも、でもよくやったと思います。まだタイトルは残っていますし、支えてくれる皆さんのためにも、また夢を見せてほしいと思います。U-18といえば、先日のサンフレッチェ戦の前にスタジアムで行われた「壮行セレモニー」。山口キャプテンのあいさつを聞いてうれしくなりました。手前味噌かもしれませんが、本当にいいスピーチでした。

 27日には、私たちのホーム、長居スタジアムのお掃除をしました。参加くださったサポーターは約60名。暑い中、お疲れ様でした。決して掃除好きではない私ですが、たわしでごしごししたあと、ぞうきんで拭きあげる作業は結構気持ちのいいものでした。先日の「セレッソの日。」でのサポーティングスタッフの皆さんのがんばりといい、スタジアム清掃に参加された人たちの尽力といい、「サポート」という言葉の意味をあらためてかみしめる日々です。ありがたいことです。

 そして、シンジの活躍!  オーストラリア戦、いいゴールでした。アルゼンチン戦のビデオはまだ見切っていないのですが、観戦していた人の話ではいい出来だったとか。直前のリーグ戦では元気がないようにも感じられたのですが、もう大丈夫!  取材をしている番記者の方からも、「香川くん、すごく元気ですよ、表情もめっちゃ明るいです!」と聞きました。1週間後の“本番”が楽しみです。

 そして、トップの選手たちは現在和歌山でキャンプ中。29日、30日とキャンプに行ってきました。ホテルもグラウンドも設備がよく、おまけに周りには何もないという練習には絶好の(笑)環境。昨日(30日)からは紅白戦に時間を割いて、いよいよ実戦モード。けが人がほぼ戻り、ベストな状態で8月3日を迎えることができそうです。

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

ホントに感謝、「セレッソの日。」

「セレッソの日。」が、昨日無事終わりました。大阪の最高気温は36度だったらしいですが、長居球技場の体感温度はそれ以上だったような気がします。暑いを通り越して、肌に痛さを感じるほど。参加された方、お疲れは出ませんでしたか? 暑さはこれからが本番ですから、どうぞご自愛ください。

 さて、昨日のイベント。今までと違ったのは、よしもとの芸人さんが多数参加してくれたこと。さすが、プロという感じでなかなか楽しかったです。大阪のチームらしい、「ファン感」だったのでは・・・と思いました。印象に残ったのは、エゾ(江添)の「ラララライ体操」の上手さ。もしかしたら本家より上手かった(?)のでは・・・動きにキレがありましたね(笑)。あとは、オークションのときのモリシのリアクションも笑えました。このところ、渋い表情で皆さんの前に登場することが多かったシンジ(香川)の笑顔がたくさん見られたのもよかったです。

 酷暑のなか、来場してくださったファン、サポーターの皆さん、ありがとうございました。本来は皆さんへの「感謝」をあらわすイベントですが、選手たちも楽しみ、リフレッシュできたのではないかと思います。そして、昨日のイベントを陰で支えてくださったのが、サポーティングスタッフの皆さんでした。皆さんの活躍なくして、「セレッソの日。」は成り立たなかったでしょう。本当にお疲れ様でした。

| | コメント (1)

2008年7月16日 (水)

デカモリシ、「修行」へ

 先日、デカモリシこと森島康仁選手の期限付移籍が決まりました。多彩なタレントが揃う'06年加入組のなかでも、その明るいキャラクターとビッグな体躯で目立つ存在でした。そして偉大な先輩選手と同姓であることでも、注目を集めていました。

 昨年のU-19ワールドカップでの活躍を見ても、北京五輪への期待は膨らむばかりだった・・・のですが、今季に入ってからはセレッソでの出場機会が減り、五輪代表からも遠ざかっていました。

 今回、移籍の一報を聞いたとき、つい先日にインタビューしたときのことが思い出されました。いつもの強気なコメントが聞かれた一方で、こんな言葉もありました。「セレッソをもっと強くして、もっとお客さんが入るようにチームにしたい。セレッソはアキさん、モリシさん、嘉人さんたちセレッソを代表する選手が作ってきたチーム。今は僕たち若い選手がいて、そのなかの誰がその3人のようになっていくのかわからないけど、曜一朗やシンジという存在がいて、自分も負けたくない、3人でいっしょに試合に出たい、とずっと思ってきました。自分が3人のなかで一番年上やのに、引っ張っていけてないという思いがありました」。

 決して器用ではない、彼らしい表現で、セレッソへの想いを吐露したのだと、私は思っています。このコメントで、「アキさん」の名前が最初に出てきたのも、らしいなと。移籍の際のコメントからも、「背番号20」への強いこだわりが感じられましたし。大分では、セレッソ以上に大変なことがあるかもしれません。それはまさしく「修行」になるはず。かつて、「アキさん」が言っていました。「おれって、10番とか、20番とか大きな背番号が似合うんだよね。背中が大きいから」。デカモリシもそう。背番号20がさらに似合う選手になって、帰ってきてください。

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

山形で連敗を止める

 昨夜はアウェイ・山形での試合でした。このところ、ケガ人に加えて試合ごとに出場停止選手が出ている状態。この試合では、羽田が出場できませんでした。少し前にインタビューをしたとき、「僕、リーチ(3枚目)なんですよね。カードをもらわないようにしないと・・・今は特にね。ケガ人が多いから、ここで僕が出場停止になったら・・・」と話していました。鳥栖戦で羽田が警告を受けたとき、天を仰ぐような様子を見せました。きっと、「ついに・・・」という気持ちだったのでしょう。

 と、試合前は不安要素が多かったわけですが、結果は2-0。「完勝」といっていいかもしれません。要因はいろいろあると思います。が、バックラインに帰ってきた2人の「ベテラン」の存在は大きかったと思います。2人とも、負傷が癒えたばかり。急ピッチで出場までもってきた、という印象は、試合後のコメントからもうかがえました。

「思った以上に大丈夫でしたね。前半はきついかも、と思いましたが、後半に入るとよくなっていった。涼しくて助かりました」と言ったのは前田。確かに昨日の山形は、風があって蒸し暑さはほとんど感じませんでした。地元の人に聞いても、昨夜は涼しかったようです。エゾも試合後は充実の表情を見せました。「この勝利をきっかけにしたいね」と言うと、「なりますよ、というかしなきゃいけないでしょう!」との返事が頼もしかったです。

 守りが落ち着けば、攻撃も元気になるもの。その攻撃の起爆剤的な動きをしたのが、昨日がセレッソでの2試合目だった乾でした。前節から動きのよさが光っていましたが、昨日はうれしい初得点も飛び出しました。「これからもっと試合に出て、もっと活躍したい」と、話していました。ちなみに彼はインタビューやコメントでも関西弁です。

 というわけで、みちのくシリーズ初戦は、今までのもやもやを少しは払ってくれたような気がします。応援に来てくださった皆さん、お疲れ様でした。各所で声援を送ってくださった方々、ありがとうござました。次節はまたまた東北へ。旅から旅へという感じですが、19日のサンフレッチェ戦まではこのまま突っ走ってほしいところ。私もがんばって走ります(笑)。次もともに喜び合えますように。

 広報担当になって、約半月です。なかなか更新できないのに、毎日ここをのぞいてくださる方が多くて、恐縮しています。なるべく毎日・・・といいたいところですが、しばらくは週に1度ぐらいのペースで何かしらお伝えできればと思っています。オフィシャルでは、マッチデープログラムでインタビューなど、携帯サイトの「南津守日記」も週1~2回担当するなど、書く場を与えてもらっています。ぜひ、そちらもご覧いただけるとうれしいです。

 

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »