« モチベーションは高いぞ | トップページ | ハナサカ効果、かな »

2008年5月10日 (土)

メンバーが揃って

 アウェイでの草津戦は、3-1の勝利。レヴィー・クルピ監督のコメント――「何度もチャンスを作り、その中で3ゴールを決めることが出来た。勝利にふさわしい内容だった。90分間安定したサッカーが出来たと思う」を聞くまでもなく、内容と結果が揃ったと感じられる試合でした。ロスタイムの失点は余計だったものの、いつもは厳しい監督も今日に限っては「お小言」は一切なし。

 前節から変わったのは、GKが相澤に、左サイドには尾亦が復帰、3トップの右には柿谷が、という3点でした。立ち上がり、特に目を引いたのが、尾亦の存在。コンディションがよほどいいのか、攻めあがる動きが実に軽やか。カモシカのような動きで左サイドを走ると、同じサイドの香川、ジェルマーノも引っ張られるように流動的なプレーを繰り返しました。4分の先制点も、そんな左サイドの活性化から生まれたもの。相手の出鼻をくじき、戦意をそぐ、大きな1点でした。

 そのあとも、人が動き、ボールも動く、見ていて安心できる展開。ジェルマーノ、アレーのコンビも難なく中盤でボールを奪い、さばくことができました。小松に“当たり”が出てきたのも頼もしい。昨季のように、いやそれ以上に、これからも遠慮なく量産していってほしいものです。前節まで持ちすぎ感のあった曜一朗も、ようやく攻撃の流れに乗ってきた印象。まだまだこんなものではないとは思いますが、今季初ゴールも含め、それは次節以降の楽しみ、ということで。

 試合全体を通してみていえるのは、内容の差、点差は地力の差、ということでしょう。選手個々の力量、チーム力の差が出た結果といえます。もちろん、持っている力を出した選手たちはすばらしいのですが、はしゃぎすぎるのもどうかと思い、うれしがるのはこのくらいにして(笑)、クールな香川のコメントを紹介します。「久しぶりにチームとしてよかったと思う。相手の疲れていた感じだったし、失礼な言い方ですが、(順位が)下のチームなので、満足してはいけないとも思います。上位のチームともこういうゲームをして、今日のこの勢いをもっと続けたいと思います」。

 言うまでもなく、次の湘南戦を見据えた発言です。最近の彼のコメントに必ず出てくるのが、「もっと上を」という言葉。今日は、日本代表の大熊コーチが視察に訪れていました。「J2の試合まで足を運んでもらって、すごくうれしいです。そこで自分がアピールしていきたいし、これからも1試合1試合しっかりやっていきたい」。決して浮かれず、次を見つめる姿は頼もしい限りです。

 フルも短い時間ながら復帰を果たし、メンバーが揃って迎える次節は大一番になりそう。真の力が試されます。

 

|

« モチベーションは高いぞ | トップページ | ハナサカ効果、かな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/41163916

この記事へのトラックバック一覧です: メンバーが揃って:

« モチベーションは高いぞ | トップページ | ハナサカ効果、かな »