« 代表デビューの日 | トップページ | いざ、本当の戦いへ »

2008年5月26日 (月)

大黒柱が帰ってきた

 名古屋(豊田)~岐阜遠征から今日戻りました。日本代表戦では香川のAマッチデビューを見ることができ、岐阜戦では久しく目にしていなかった「大勝」を目の当たりに、と盛りだくさんな遠征でありました。

 昨夜の岐阜戦。試合前の注目点は香川不在をどう戦うか。「4-3-3」と「4-4-2」、両方のパターンを練習していたと聞いていたので、どちらになるのか。その場合に起用される選手は・・・。レヴィー・クルピ監督のチョイスは、「4-4-2」でのスタート、そしてFWカレカ起用でした。前半は、(前回の対戦ほどではなかったにしろ)岐阜のプレスに押される場面もありました。というより、ボランチのジェルマーノとアレーが前にかかりすぎて、中盤で相手に優位に立たれたという感じ。それもハーフタイムに監督から修正されたようで、後半はしっかりじっくりプレーしていましたが。

 先制はPK。アレー、小松とつないだボールに曜一朗が飛び込み、相手に倒されて得たものでした。リードしたものの、前半はほぼ互角。前回の対戦を思い出して、「後半は大変かも」と思っていたのですが、それは杞憂でした。CKからのすばやいプレーで右サイドを崩すと、ゴール前でカレカがフリーでシュート。岐阜の松永監督が話していたように、この2点目が大きかったと思います。相手が前がかりになり、守備がかなり薄くなったこと、そこに濱田が投入されたことで、次々に得点を重ねることが出来ました。

 終わってみれば、「香川不在」を感じさせない大量得点での勝利。濱田のプレーも流れを変えるものでしたが、復帰したフルがらしいプレーを見せたのが大きかった。彼がいると、前線に活気が出て攻撃にすごみがプラスされるな、とあらためて感じました。セレッソがセレッソらしいサッカーをするためには不可欠な存在なのだとも。大黒柱とはそういう存在なのでしょう。頼もしい限りです。

 さて、試合後の囲み取材のしんがりは、曜一朗でした。まずは、なぜかどフリーでシュートを打たなかったことについての質問。「フリーすぎて・・・」というとんでもない言葉のあと、「切り替えしたら、(相手が)みんな飛び込んでくるだろうと思ったけど、実際にはみんな止まってしまって。え? って感じになって、ジェルマーノがいたから、やさしいパスを出そうとおもったら、やさしすぎてひっかかりました」。

 そして、今日26日からは代表に行くことになるが?  との問いには、「5-0で勝って、ホントにいい流れで代表に行ける。調子のいいときにチームを離れるのは残念だけど、選ばれたのは光栄だし。チームに戻ったときにスタメンの座はどうなるかわからないけど。次の愛媛戦は出られないけど、シンジくんは帰って来る。シンジくんが頑張ってくれるので、任せて、次はシンジくんがやってくれると思うので」。と、もはやお約束のシンジくんコメントになだれ込みました。

 次の問いかけは私から。あえて、その「シンジくん」について聞いてみました。コートジボアール戦のあと、香川選手がセレッソの試合を気にかけていたけど? 「シンジくんも自分がいないときに負けたら悔しいだろうし、安心して帰ってくれるように今日は頑張ろうと思ったし、誰が出てもセレッソは強い、チーム全体でやっていることを証明したかった。僕もシンジくんといっしょにやりたいし、J1昇格のためにシンジくんといっしょにやりたいと思っています」。一気に話した曜一朗。「シンジくん」の代表デビューもテレビで見ていたそう。なんとも微笑ましい囲み取材でした。

 

|

« 代表デビューの日 | トップページ | いざ、本当の戦いへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/41326627

この記事へのトラックバック一覧です: 大黒柱が帰ってきた:

« 代表デビューの日 | トップページ | いざ、本当の戦いへ »