« うまく終えられた第1クール | トップページ | 大黒柱が帰ってきた »

2008年5月25日 (日)

代表デビューの日

 昨夜は豊田スタジアムで日本代表の取材をしました。5年ぶりぐらいの代表取材に、現場では「久しぶりですね」「香川くん、入ってよかったですね」などと声をかけていただきました。

 メンバー入りしたものの、試合出場なるか? せっかくチームを離れて参加しているのだから、できれば初出場して1分でも長く出てほしい。ピッチで行なわれている試合と、その横で続く控え選手たちのアップの両方を見ながら、そのときを待っていました。

 後半22分、コーチに声をかけられた香川。アップのピッチが上がり、ついにデビューのときがきました。ポジションは松井に代わっての右サイドハーフ。ボールに触るチャンスは少なく、見せ場は後半40分の惜しいクロス。相手GKがおさえ、決定機には至りませんでした。

 試合後のミックスゾーン。「緊張したか?」という記者の質問に、「あまり・・・いやちょっとしたかも」。「相手はすごく速かったです。寄せも速くて、ミスもあったしキープできなかった。そのあたりはもっとできないと。(代表)デビューしたけど悔しい内容だった」というのが感想。「1-0で勝っていたので、自分が出て入れられるのは嫌だった。絶対攻撃に行く! という気持ちがあった」。

 ただ、時間帯や試合の流れを考えると、「攻撃にいく」のは難しかったのも確か。きっちり守りきるというチーム全体の流れがあるなかで、ボールに触わる回数が少なく、持ち味は発揮できたとはいいかねました。でも、出場したということは、大きかったと思います。「相手のスピードや足の長さなど日本では経験できないものだった。次に生かしたいし、またアピールしたい」(香川)。

 21日の試合(アビスパ戦)後に、受け取ったサポーターの寄せ書き入りのフラッグ。香川は遠征に持ってきたそうです。「ホテルの部屋に置いて、メッセージを見ています」とのこと。セレッソ唯一の代表として、あと1試合もがんばってきてほしいです。

 今日、セレッソは岐阜戦。香川もすごく気になっている様子でした。「テレビの中継はありますか? 7時から? 見られると思う、見ます。チームの調子がいいので、連勝してくれることを願っています。がんばって勝ってほしい」。前節休みで休養十分、前回の対戦では手を焼かされた相手。難しい試合になりそうです。

|

« うまく終えられた第1クール | トップページ | 大黒柱が帰ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/41310856

この記事へのトラックバック一覧です: 代表デビューの日:

« うまく終えられた第1クール | トップページ | 大黒柱が帰ってきた »