« とにもかくにも2位浮上 | トップページ | 「ベストメンバーに近い」 »

2008年5月 4日 (日)

ライバル心、メラメラ

  原稿を書きつつ昨日の試合を振り返っても、「勝ててよかった・・・」と思える試合でした。徳島のディフェンスはよく練られていたうえにハードワークだった。さすがの香川も、あそこまでやられると厳しいです。アレーとジェルマーノをパスの出どころとするパターンもきっちり抑えられていましたし・・・。

 そこでモノをいったのが、柿谷曜一朗の存在。それにしても、交代のタイミングは絶妙でした。「シンジくんがマンマークにあっていた。シンジくんのスペースを建人が使えたらよかったんだけど。シンジくん1人で何とかしようとすると苦しくなる。シンジくん以外の選手がもっと動かないと」という曜一朗のコメントからは、いろいろなことがわかりますが(笑)、得点につながったシーンは、彼らしいテクニックを織り交ぜたプレーでした。

 シュートだったのか、クロスだったのか、本当のところはわかりませんが、あのキックはさすが。相手GKのミスを誘発したといえます。そして小松が飛び込んで、やっとやっとの先制ゴール。結果的にこれが決勝点になり、交代して入った選手が起点になったのですから、采配的中というわけです。

 といって、「曜一朗すごい!!」と手放しで喜べないのも確か。残り数分という時間帯で、相手陣内右サイドでボールをもったところで、あっさりクロスを蹴りこんでしまったから。「キープやろ、そこは!」と誰もが叫んだであろうあの場面で。勝ったからいいようなものの、ヒヤヒヤ勝利に拍車をかけてしまった感じで、心臓によくないです。

 試合後、曜一朗に話を聞く機会がありました。試合とは少し離れた話題で、ほんのひと言二言で、と思っていたのですが、話好きの彼はいろいろと話してくれました。印象に残ったのは、「今。セレッソというとイコールシンジくんだと思う。でも、昇やハマちゃんがいて、その前にずっとセレッソで頑張ってきた森島さんという存在もいる。僕も昔からセレッソでプレーしているし、そういう人たちにくっついていきたいと思っている。セレッソのトップになれるようにやっていきたい」という言葉。強烈なライバル心は、彼を成長させるはず。いい方向に育ってほしい、と思いました。

 曜一朗がこれを聞くと、ますます発奮しそうな昨日のレヴィー・クルピ監督のコメント。「今日の試合の中でいちばん観衆の方が見てすばらしいプレーだと思われたのは、おそらく(香川)シンジのループシュートだったかと思います。どれだけ激しいマークがきても、彼だからこそゲームを決めるプレーができる、私はずっとこれからも間違いないと確信しています」。道は険しければ険しいほど達成感も大きいと言いますから・・・頑張って。

|

« とにもかくにも2位浮上 | トップページ | 「ベストメンバーに近い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/41086275

この記事へのトラックバック一覧です: ライバル心、メラメラ:

» また大接戦のゲームを見てきた [大阪の耳はロバの耳 ]
ようやくエンジンがかかりつつある我らがセレッソ大阪。徳島戦を見に行ってきた。で、 [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 20時42分

« とにもかくにも2位浮上 | トップページ | 「ベストメンバーに近い」 »