« レヴィー・クルピ監督の「アクション」とは? | トップページ | 空気の抜けたボール »

2008年4月18日 (金)

代表候補合宿への思い

 予想通り、今日の南津守は多くの(と言ってもひと桁ですが)プレスでにぎわいました。「久々の日本代表誕生か?」というわけです。オフィシャルホームページのトップもえらい騒ぎになっています(あれには少し引きましたが・・・)。

 さて、練習後、当の香川に囲みで話を聞きました。私たちが驚いた以上に、本人もびっくりだったようです。「まったく、まったく予想していませんでした。ホントですよ、信じられなかったです、五輪じゃないんですか、って思いました」。

 レヴィー・クルピ監督が、香川に「ペレも10代のときにワールドカップ決勝で試合を決めるスーパーゴールを決めている。サッカーに年齢は関係ない、実力の世界だ。ペレと同じように試合を決める活躍をしてきてほしい」とアドバイスした、という話を事前に聞いていた報道陣から、「代表ではペレになります、ということで・・・」と振られた香川。ニヤッと笑って、「いいえ、そんなつもりはないです。そうやって、『ペレになる』とか書こうと思ってるでしょ?」と軽くかわし、私たちの爆笑を誘っていました。

 そして、「チームあっての代表ですし、皆さんに感謝したいです。その気持ちを、セレッソの試合で表したいと思っています。代表候補に入ったのに、こんなプレーしかできないのか、と言われないように、しっかりいいプレーをしたいです」と、まずは熊本戦に向けた熱い思いを語りました。そして、代表合宿については、「失敗してもそれは自分の実力。ミスを恐れずに、自分のプレーを出して、いい経験ができるようにしてきたい。メンバーはみんなJ1のトップクラスの選手で、僕はJ2の選手。何が通用して、何が通用しないのか、確かめたい。記者の数も、サポーターの数も多い中で、プレッシャーに負けないよう、メンタル的にもいいプレーができるようにしたい。そんな環境の中でも自分を出せるように頑張ってきます」。

 周囲の声はますます大きくなると思いますが、それも当然のこと。なんといっても代表ですから。その中で、のびのびやってきてほしいです。頑張れ!

|

« レヴィー・クルピ監督の「アクション」とは? | トップページ | 空気の抜けたボール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/40915745

この記事へのトラックバック一覧です: 代表候補合宿への思い:

« レヴィー・クルピ監督の「アクション」とは? | トップページ | 空気の抜けたボール »