« ひと安心 | トップページ | 勝点1をゲット »

2008年4月24日 (木)

すくすくと、着々と

 昨日の初夏のような天候と打って変わって、今日は雨降り。そして肌寒い。そんな中、練習はみっちり行われました。朗報は、右サイドバックのヤナギの復帰。今日もビブス組(先発と思われる)でずっとプレーしていましたから、次節の出場にメドが立ったといえます。

 今日行ったゲーム形式の練習では、4-4-2と4-3-3、2つのフォーメーションを試したレヴィー・クルピ監督。どちらがベターなのか? うーん・・・難しいです。注目は、どちらのパターンでもFWに抜擢された白谷。小松にあてたボールに飛び込むプレー、香川のパスに反応する動き、おもしろかったです。「彼の一番素晴らしいところはスピード」と監督が評するように、動きは俊敏で何よりアグレッシブ。怖いもの知らずな積極さは、まだ停滞感のある攻撃の中で、キラリと光るはず。

 次の相手、横浜FCは言わずもがなですが、前監督でもある都並監督が指揮するチーム。手の内を知られているという点では、先日小林監督にしてやられた山形戦を思い出し、イヤな感じなのですが、レヴィー・クルピ監督自身は意に介していないよう。「他のチームと大きな差はないと思う。混戦になっているのはその証拠。間違いなく厳しい戦いになる」(監督)。前節・熊本戦を見てもわかるように、サクッと勝てる相手はなさそうなのが、今季のJ2です。

 都並監督については、曜一朗にも話を聞きました。去年のシーズン前に、「ガキのサッカーだ」と一刀両断に切り捨てられたところから始まって、信頼を得、先発メンバーに抜擢され、活躍を始めたところで監督が解任。「今のセレッソで自分がこれだけやっている、と認めてもらいたい」と意気込みを語る一方で、「前節の試合では、自分自身いいプレーができず、ダメだった」との反省も聞かれました。まだまだゲームに参加している時間が短く、持っているものを発揮し切れていない印象の曜一朗。「恩師」の前で、成長ぶりを見せることができるのでしょうか?

 成長といえば、人は数日間の経験でも伸びるものなのだ、という話。3日間の日本代表候補合宿を終えた香川が今日、チーム練習に戻りました。昨日、練習試合に出場しているので、軽めのメニューかなと思いきや、すべてのトレーニングに参加。練習後、「疲れは感じないか?」との質問に、「昨日、45分間試合をやったこともあって、体が軽いです。ここ最近では一番いい感じで動けたし、今日の練習でも動けたと思う」。ここ数試合、セレッソの試合後でのうつうつとした口調とは違い、歯切れよく、自信がにじむコメントぶりでした。さぞかし充実したキャンプであったのだろう、と想像できました。

 そして、次節・横浜FC戦については、「監督が都並さんということで、やりにくさは多少あります。でも、去年試合に出させてもらって、自分のミスで試合(5/6の鳥栖戦)に負けて、それで監督が解任になってしまったこともある。今度は勝って恩返しがしたいです」(香川)。カズ選手との対戦も楽しみな様子で、「握手もしたいし、写真も撮りたい。え? それはまずいですか? でもユニフォームもほしい。交換というか、僕がほしいんです。卓(山田卓也選手)さんを通してお願いしてみようと思います」。

 次節は、色々な意味で注目の一戦になりそうです。

|

« ひと安心 | トップページ | 勝点1をゲット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/40981251

この記事へのトラックバック一覧です: すくすくと、着々と:

« ひと安心 | トップページ | 勝点1をゲット »