« もっと見たかったアンゴラ戦 | トップページ | 昨日、南津守で »

2008年3月31日 (月)

攻撃は難しい?

 昨晩から高知に来ています。この季節の恒例、この大会の取材のためです。結果はオフィシャルユースブログで、ハナサカクラブ会員の皆さんには専用ブログでレポートなどを見ていただけます。大会は明日、あさってと続き、今年は最終日まで取材の予定。U-18についてはまた詳しくレポートします。今日の2試合目は楽しい試合でした。ゴールがたくさん生まれて、ひとつひとつのゴールがすばらしくて。サッカーの醍醐味、おいしいところをたっぷり味わわせてもらいました。満足。心・技・体のすべてがそろっているからこそのプレー内容であり、結果だなと感じます。取り分け攻撃陣の出来は秀逸でした。

 さて・・・今日のU-18と比べるつもりは毛頭ないし、比べること自体ナンセンスなのですが、29日の岐阜戦の振り返りを少しだけ。試合後の選手のコメント、表情からは、「うれしさ」はほとんど伝わってきませんでした。好セーブ連発でチームを救った相澤の「昇格には連勝が絶対必要。流れに乗ってずっと勝ち続けたいです」というコメントが唯一“明るい系”だったといえるぐらい。ほかは得点した酒本にしても、アンゴラ戦から中1日でフル出場した香川にしても、表情は硬く、反省ばかりが聞かれました。

 気になったのは、フルのコメント。「J2では自分たちの良さを消される。もっとボールをうごかしたり、自分がポストに入ったり、裏に入ったりバリエーションを増やしていかないといけない。(なかなか前にパスが出ないが?)自分にいつボールが出てくるか、わからない状態。もっとコミュニケーションをとらなければ。空走りが多くなっている」というもの。開幕から5試合、なかなかかみ合ってこないのが前線のプレー。「流れるようなコンビ」とか、「湧き出るようなサポート」とか、「ドンピシャのタイミング」とかいう表現がほとんど使えないもどかしさ。いつか熟成するときが来るのか、それとも・・・。こと攻撃においては、時間をかけて練れていくというより、個の能力によるものが多いように感じます。今日のU-18を見たあとだけに、余計に。

|

« もっと見たかったアンゴラ戦 | トップページ | 昨日、南津守で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/40709732

この記事へのトラックバック一覧です: 攻撃は難しい?:

» 長居に花見に行ってきた [大阪の耳はロバの耳 ]
今年もJ開幕…ってもうなんぼほど立っているとおもってんねん!wで、先日一家で花見 [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 00時45分

« もっと見たかったアンゴラ戦 | トップページ | 昨日、南津守で »