« 90分間のロングミーティング | トップページ | 素直にうれしい »

2008年3月20日 (木)

かみ合わない

「連敗厳禁」。スタジアムに掲げられた横断幕は、当然選手の目に入っていたでしょう。試合前々日に行われた長いミーティングでのレヴィー・クルピ監督の言葉も耳にこだましていたはず。「負けられない」気持ちは伝わってきました。前半から果敢に攻める姿からは「絶対に先手を取る」意気込みが感じられましたし、体を張ってでも止めてやる、という守備の意識も強かったと思います。

 しかし・・・結果が出ないのが今のセレッソ。レフェリーの笛にナーバスになってしまった前半でしたが、チャンスはありました。23分のアレーのミドルシュートはGKがやっとのことではじき出し、41分のフルらしい強烈なシュートは無常にも左ポストを直撃。「絶対に連敗するわけにはいかない」と繰り返し言っていた香川は、立ち上がりから幾度となくボールに絡み、サイドに、中に、動き回ってチャンスを作ろうとしていました。でも入らないんです。両チームともラインを押し上げて、コンパクトな中で攻め合おうとする、いいゲームでした。同じようなサッカーを目指している中で、質の高さを見せたのはやはりセレッソ。でも、点が入らなかった。

「後半の苦しい時間帯に後ろが不安定になった。ぼくらがしっかり耐えるべきでした。後手後手にまわってしまった」と、試合後に羽田。相手FWの素晴らしいシュートがゴールに吸い込まれたあと、柿谷、デカモリシを相次いで投入したにもかかわらず、総攻撃態勢にはなりきらなかった、ゴール前まで運んでもシュートが入らない、逆にカウンターを受けて攻撃の勢いをそがれる・・・微妙なところが合わず、攻守がかみ合わない。もがいているうちに試合が終わってしまった、という感じです。

「次の試合がすぐにあるので、キレないようにしたい」と、尾亦。「早く結果がほしい。そうすれば変わると思う」とは羽田。次戦は強敵・仙台、中2日でのゲームです。変われるきっかけはすぐそこにあるような気がするのですが・・・。

|

« 90分間のロングミーティング | トップページ | 素直にうれしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/40577433

この記事へのトラックバック一覧です: かみ合わない:

« 90分間のロングミーティング | トップページ | 素直にうれしい »