« ともあれホーム初勝利 | トップページ | 攻撃は難しい? »

2008年3月27日 (木)

もっと見たかったアンゴラ戦

「終わってほしくない」。途中からそんな思いで見つめたアンゴラ戦。流れるようなパスワーク、みんな走る走る、そこへ香川投入で、おもしろさがさらにアップした感じ。 

 楽しい楽しい、至福のひととき。時間にして20分あまり、だったかな。持ち味は出せていたと思うけれど、本人はどう感じただろう。それにしてもこのワクワク感。かつても、同じような思いがした・・・そう、モリシが代表に選ばれ始めたころだ。

「(五輪代表に)選ばれたら奇跡です」なんて本人は言っていたけれど、見たい。あのチームでプレーする香川真司がもっと見たい。そう思った春の夜でした。

 で、土曜日の岐阜戦。23日(仙台戦)のあと、「アンゴラ戦の翌々日、もうJ2の試合があるけれど?」と聞くと、「もちろん、僕は出るつもりです」と言っていた香川。コンディションのこともあるし、最終的には監督判断になるのでしょう。でもやっぱり、長居でも見たい。

|

« ともあれホーム初勝利 | トップページ | 攻撃は難しい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/40658389

この記事へのトラックバック一覧です: もっと見たかったアンゴラ戦:

« ともあれホーム初勝利 | トップページ | 攻撃は難しい? »