« 鳥栖の思い出 | トップページ | もっと見たかったアンゴラ戦 »

2008年3月23日 (日)

ともあれホーム初勝利

 前半はセレッソの、後半はまったく逆になり相手のペース。ハラハラさせられる時間帯が長かったのですが、勝ちました。

 前半はセレッソらしい、中盤で奪ってサイドにはたき、香川、古橋に渡って・・・という攻撃が数多く見られました。あとは最後の「ズドン!」が見たかったのですが、それは次節のお楽しみということで。

 相手が引いていたせいもあって、きれいに崩してのシュートは少なく、ミドルレンジのものが多くなりましたが、結局それで2得点。特にアレーのミドルはこのところいい感じで飛んでいたので、「やっと来た!」という感じでした。

 ただ、後半に相手のMF梁選手が前に出てくると、苦しくなりました。レベルが高いです。追いつかれ、一気に逆転されてもおかしくない流れでした。ジェルマーノのミドルシュートで何とか勝ち越し、最後は10人になって守りきりました。選手たちの執念、スタンドからの「勝てー」の気持ちが結果に結びついたように思います。

 スタンドにはU-23日本代表の反町監督が視察に来ていたそうで、試合後の囲みでは、香川に対してオリンピックがらみの質問もありました。「反町監督には会っていないです。後半は運動量も落ちたし、90分通して自分のプレーを続けることができなかった、それを見てほしかったんですけど。(明日からの合宿、試合では)しっかり自分のプレーをアピールしてきます。ラストチャンスだと思うし。もっとすごい選手が他にもいて、そのなかでアピールして生き残りたい。呼ばれるだけじゃいやなので。後悔しないようにしたい。レベルは高いけれど、頑張ります」。おごることは決してなく、高いところをしっかり見つめてのコメント。聞いているこちらまで気分がよくなります。

 心配なのは、負傷退場した尾亦。いいプレーを続けていただけに無念の退場だったと思います。ロッカールームからは松葉杖を使って出てきました。右太ももの軽い肉離れではないか、というのが本人の弁。詳しい状態は病院に行ってから、とのことですが、大事に至っていないことを願います。

 

|

« 鳥栖の思い出 | トップページ | もっと見たかったアンゴラ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/40614417

この記事へのトラックバック一覧です: ともあれホーム初勝利:

« 鳥栖の思い出 | トップページ | もっと見たかったアンゴラ戦 »