« ひと足早く | トップページ | 今季初戦の手ごたえ »

2008年2月23日 (土)

明日の見どころは?

 陽射しは暖かながら、風が強い今日の高知。練習は朝9時30分から行なわれました。ウォーミングアップのあとは、ハーフコートでの11対11のゲーム。メンバーは、ビブス組が、GK相澤、DF柳沢、前田、江添、尾亦、ボランチが3人でアレー、羽田、ジェルマーノ、2シャドーに古橋と柿谷、カレカが1トップというメンバー。対するビブなし組が、GKは山本、鈴木、丹野のローテーション、DFが中山、阪田、千葉、丹羽、ボランチが山下と藤本、サイドアタックに酒本と濱田、小松と白谷の2トップという形でした。

 動きがよかったのはビブなしのほう。ボールが前線によく入り、シュートも積極的。レヴィー監督から、ビブ組のほうにかなり激しいゲキが飛んでいました。セットプレーのチェックも織り交ぜてのゲームは10時半過ぎには練習終了。あとは壁を置いてのFK。メンバーはフル、ジェルマーノ、尾亦、濱田でした。

 明日はビブ組が先発することが予想されますが、3ボランチという形をどうしても試したいようですね、監督は。去年はあまりいい結果は出なかったフォーメーションですが、監督のなかにイメージされているものがあるのでしょう。明日の試合ではそのあたりが見どころになりそうです。

 練習後に聞いた監督、選手のコメントです。

レヴィー・クルピ監督「明日は初めての対外試合ということで、当然思うようにいかないこともあると思うが、1つ1つ乗り越えて調整していきたい。明日を含め3試合あるので、その中で修正したり、個々の選手の見極めをしていきたい。ポイントは連係のところ、どれだけ一体感のある、コンパクトなサッカーができるか。実際試合をするなかでチームは仕上がってくる」

前田キャプテン「練習をしてきたなかで、不安などもそれぞれに持っていると思うが、あわてずにやっていきたい。J1のチームに対してどれだけ戦えるか、という気持ちを持って臨みたい。失点ゼロに抑えるようにがんばります」

柳沢「今年初めての試合なので、キャンプでやってきたことを出せればと思う。基本的には去年からやってきていることだが、要求も高いものになっているし、紅白戦と対外試合は違ってくる。大事なのは開幕戦だと思うので、出てきた課題などを修正したい。明日は勝つという結果も大事だけれど、チームとしての課題が見つけられればいいと思っている」

柿谷「明日の試合は、自分にとって(U-17日本代表時の)恩師ともいえる城福監督のチームと対戦する。城福さんに教えてもらったことはたくさんあるので、それを生かして頑張っているところや、自分がチームでこれだけやれている、というところを見せたいと思う」

 ほかの選手とは少し違ったモチベーションで臨みそうなのが、曜一朗。U-17代表時代、城福監督の下でやったサッカーがすごく好きだった、と話していました。「でも、今はセレッソでプレーしているので、そのなかで力を出して、相手を倒したい」とも。3年目の今年、気持ちは違う? と聞くと、「今から思うと、1年目、2年目は甘えさせてもらったと思う。もう普通の18歳の選手として考えていかなければならないし、自分に対して厳しくやりたいと思います。3年目はいい年になるように、チームでも代表でも。でも、チームで頑張らないと代表はないと思っているので・・・まずは明日、点を取れるようにがんばります」と話していました。

 明日のプレビューは『J'sゴール』にも掲載してもらうことになっていますので、ぜひご覧ください。お待ちかねの実戦はいよいよ明日。春野でお会いしましょう。

|

« ひと足早く | トップページ | 今季初戦の手ごたえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/40230727

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の見どころは?:

« ひと足早く | トップページ | 今季初戦の手ごたえ »