« 始動しました | トップページ | ひと足早く »

2008年2月 9日 (土)

たくさん詰まった1日

 8日はいろいろなことが詰まった1日。指揮官未到着により、始動したもののイマイチ戦闘モードが高まらなかったセレッソですが、ついにレヴィー・クルピ監督が登場。長い1日のスタートは、9時30分の必勝祈願で始まりました。

 今までと大きく違うのは、その神事を練習グラウンドのピッチ上で行ったこと。津守神社の宮司さんが出張してくださいました。違う、という点ではその様子をサポーターの皆さんも生で見ることができたこと。平日の午前中にもかかわらず、約50人の方々が人工芝のところから、選手たちを見守りました。

 パブニングもなく、必勝祈願は終了。そのまま選手たちはトレーニングをスタート。我らがレヴィー監督は上機嫌でそれを見守っていました。今日もフィジカルトレ中心。時間も短く、午前練は1時間足らずで終了しました。午後練が始まるまでの間は、各種写真撮影など、選手たちのすることはたくさん。

 恒例の絵馬に願い事を書くのもそのひとつ。記者の皆さんが注目していた曜一朗は、期待通り「ヨシトより多く点を取る」。「目標とする存在です。(先日のタイ戦は)ピッチ状態があまりよくないのに、きっちり決めたし、前半から俺が決める――という気持ちでプレーしていた。あの試合にかける気持ちが伝わってきた」と話していました。という割りに、「ヨシト」って・・・。

 夜は、新体制記者会見とサポーターズコンベンション。記者会見の内容はすでに写真とともに「J'sGoal」にアップしてもらいましので、ぜひご覧ください! 続くサポーターズコンベンションは、さらりとした感じで終了。「皆さんの意見、アイデアをぜひ聞かせてほしい」という新しい姿勢に、共感を覚えました。クラブスタッフとサポーター、立場は違えど「もっとよくしていきたい」という思いは共通なはず。まずは向き合うことから、そして同じ方向に歩いていけるようになるといいですね。3月2日の意見交換会が有意義なものになりますように。

 さて、チームは10日に宮崎に出発、1次キャンプから2次キャンプへと、休みなく続く予定です。今日聞いたところでは、宮崎キャンプでは練習試合は予定されていないとのこと、高知・春野でのFC東京戦が、初試合になるようです。その後、高知で2試合の練習試合(27日と3月1日)が予定されていて、その1週間後には開幕ーというわけです。大丈夫なんだろうかと、心配する報道陣を尻目に、休養十分のレヴィー監督は余裕たっぷり。あと1ヵ月、仕上がりを楽しみにしましょう。

 

|

« 始動しました | トップページ | ひと足早く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/40050836

この記事へのトラックバック一覧です: たくさん詰まった1日:

« 始動しました | トップページ | ひと足早く »