« 今季初戦の手ごたえ | トップページ | 「J2」の皆様たちと »

2008年2月29日 (金)

開幕1週間前

 今日は東京に来ています。この時期の恒例、Jリーグのキックオフカンファレンスに出席するためです。プレスなどを対象にJリーグの開幕を大々的にお披露目するためのもので、33クラブの全監督、選手(各チーム1人)が参加。セレッソからはレヴィー・クルピ監督と前田キャプテンがショー形式の第1部の舞台に上がりました。

 第2部は会場を移して、各チームごとのブースに監督、選手、クラブスタッフ(セレッソからは藤田社長も参加していました)が待機して、プレスの取材を受けるというスタイル。私たち記者は、取材したいチームのブースに行って、自由に話を聞ける、というわけです。

 レヴィー・クルピ監督に話を聞くと、「いい準備をしているので開幕するのが楽しみだ」というような意味の言葉が返ってきました。「かなり自信があるようですね」と返すと、「でも、間違いなく去年より難しいだろうなと思います。というのも実力あるチームがJ1から落ちてきているわけですから。1試合1試合が去年と変わってくると思います」。そして、「もう高知には来ないのですか?」と逆質問されました。そして、「明日(の試合)はフォーメーションを変えるつもりだ」とこっそり(?)教えてくれました。そんなこと言われたら見たくなりますよね!さて、明日はどんな試合になるのでしょうか。

 続いて、前田キャプテンにも話を聞きました。「カマタマーレ戦は負けたみたいだけど・・・」といきなり直球質問をしたところ、「うーん、確かに結果は出ませんでした。でも今は2つのフォーメーションに取り組んでいて、決して悪い方向に進んでいっているとは思わないんです。選手の力はあると思っているので、開幕までしっかり準備すれば・・・」とのこと。

 レヴィー・クルピ監督の言葉と、前田キャプテンの言葉からわかるのは、やはり去年とは違うチャレンジをしているということ。2つのフォーメーションに取り組んでいるというのは、レベルの高い相手に対する場合などに備えて、オプションを増やしておきたい、柔軟性を高めておきたいということなのでしょう。メディアでは「優勝候補」として名前の上げられることが多いセレッソですが(今日の取材会場でもそんな声が聞こえてきました)、監督、選手たちは地に足をつけた調整をしているようです。

 長かったキャンプも明日で終わり。Jリーグのカンファレンスも行なわれて、いよいよ開幕! です。あまりの情報の少なさにつくづく寂しさを感じたプレシーズンだっただけに、シーズンに入ったら思い切り楽しみたいものです。

 カンファレンスでは懐かしい顔にたくさん出会いました。監督では、都並さん、小林さんたち。選手では山田卓也選手、布部選手、下村東美選手。みんなチームの中心になって頑張っているようで、うれしくなります。あと、セレッソのスクールコーチだった小林功基さんは千葉のクゼ監督の通訳に。みんな、いろいろ変化していくのだな、としみじみ・・・。明日はゼロックスSCで、相手チーム(広島)をリサーチしてくる予定です。

|

« 今季初戦の手ごたえ | トップページ | 「J2」の皆様たちと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/40313660

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕1週間前:

« 今季初戦の手ごたえ | トップページ | 「J2」の皆様たちと »