« 天皇杯の位置づけ | トップページ | 常に上を見てプレーする »

2007年11月 9日 (金)

ついにクライマックスへ

 J2はいよいよ最後の決戦に差しかかってきました。今日のグラウンドは静かな緊張感が漂い、選手たちからは気迫がじわっと伝わってきました。

 ピッチをやや狭くした中でゲーム形式の練習。気がかりだった香川も元気に参加。何とか間に合いそうな様子でした。本格合流は今日からとのこと、ギリギリセーフということになりそうです。見ている限り、動きにはキレが感じられます。テンポのいいドリブル、古橋、ジェルマーノとのパス交換で左サイドにいいリズムを作り出していたように見えました。負傷あがりというのが少し心配ですが、心強い選手が帰ってきました。

 天皇杯・川崎フロンターレ戦で負傷したと伝えられたデカモリシも練習に参加。早めに切り上げましたが、問題はなさそうです。代わりに(といっては変ですが)小松が7日の試合で左ふくらはぎを痛めたとのことで、今日はグラウンドには出てきませんでした。大事に至っていなければいいのですが・・・。

 負けた時点で終わりという厳しい状況は変わっていません。でも、追いかける立場に変わりがないためか、選手たちにプレッシャーはなさそう。練習後には、今日(ではなくて7日でした)が誕生日の古橋、山下、千葉が選手みんなから水攻め(?)で祝福を受けていました。全員がまるで子どものようにキャーキャーはしゃいで、楽しそう。いい雰囲気でクライマックスを迎えられそうです。 

|

« 天皇杯の位置づけ | トップページ | 常に上を見てプレーする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/17026413

この記事へのトラックバック一覧です: ついにクライマックスへ:

« 天皇杯の位置づけ | トップページ | 常に上を見てプレーする »