« 他会場の結果 | トップページ | あと1試合を前に力尽きる »

2007年11月23日 (金)

御大は今日も自信たっぷり

 南津守は秋を通り越してすっかり冬の様相。冷たい風の中での今日の練習は、セットプレーの確認を中心に、ゲーム形式の練習も少し行われました。時間にして1時間30分たらず。やや短く感じましたが、内容は濃かったよう。

 ジェルマーノと江添が出場停止、アレーとゼ・カルロスが負傷欠場(今日も合流しておらず、水戸戦は欠場濃厚)ということで、一体誰が出場するのやら、ボランチは誰が・・・? と思いをめぐらせながら見ていましたが、左CBには以前同様に羽田が入り、ボランチは藤本康太、山下達也という若い組み合わせになりそうです。練習後、クルピ監督に聞きました。

私「今回は試合に出られない選手が多くて、メンバーをかなり変えなくてはなりません。このメンバーの選択はいろいろ悩んだ結果ですか?」

監督「(とんでもない! というように首を振って)全然迷うことはありませんでした。今までも練習を見る中でずっと考えてきたことですし、私は自信をもって彼らをピッチに送り出すことができます。今週の練習を見ていると、今度の試合ではうちのいいサッカーができると思います」

私「ボランチの2人のコンビは初めてになりますが」

監督「サテライトの試合でもプレーしているし、藤本も山下もハードなマークを持ち味にしている。攻撃の時には2人のうちどちらかが前に出て、点をねらってくれると思います」

 不安などどこを押しても出てこない、自信に満ち満ちた様子のクルピ監督。負けられない、プレッシャーがかかる状況にあって、監督自らがピリピリモードになり、周囲もそれに反応して過剰に緊張した雰囲気を作り出す、というのはよくあることです。セレッソに限らず、他のチームでもよく聞きます。まだ「他力」であることや、追いかける立場が変わらないためもあるのでしょうが、クルピ監督からはそんな様子は見えません。さすが百戦錬磨だなとあらためて思いました。

 さて、今日グラウンドに行ったのは重要な使命(笑)があったから。先日、ジェルマーノに『J'sGoal』の月間MIPのトロフィーを渡して写真を撮った、と書きました。そのトロフィーは持ち回りで、本人はもらえなかったのですが、スタッフのご厚意でトロフィーの小型版を作っていただいたので、それを授与したのです。

 トロフィー自体はこじんまりしたもので、某コーチからは「ちょっと小さすぎるんちゃうの」と鋭い突込みが入りましたが、ジェルマーノは「大きさは関係ない、本当にうれしいです」と大喜び。「ありがとうございます」と何度も日本語でお礼を言ってくれました。本当に好人物です。

 それと、今日の練習で姿を見なかったヤナギ(柳沢)。もしかしてケガ? と心配しましたが、クルピ監督は「ちょっと足首をねんざしただけ。今日は無理をさせないためにあえて練習はさせなかった。明日、最終テストをして様子を見たいとのこと」。本人も「昨日の練習でひねっちゃいました。試合? 多分大丈夫」と明るい表情を見せていましたから、ひとまず安心です。

 新しいメンバーで戦う、大事な一戦。残り2節になってもまだ1チームも昇格を決めていないという今までにない大激戦。おもしろい展開になったJ2をさらに盛り上げるためにも、セレッソは必勝。最終節は最高にスリリングな状況で迎えたいものです。

|

« 他会場の結果 | トップページ | あと1試合を前に力尽きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/17165478

この記事へのトラックバック一覧です: 御大は今日も自信たっぷり:

« 他会場の結果 | トップページ | あと1試合を前に力尽きる »