« ポジティブ、ポジティブ | トップページ | 御大は今日も自信たっぷり »

2007年11月19日 (月)

他会場の結果

 昨日の試合について、書き忘れたこと。セレッソに微妙な影響を与えたのが、他チームの試合結果がわかってキックオフを迎えたこと。私たち記者も、刻々変わる他会場の途中経過を見つつ、あーだこーだと仮定の話をしていたのですが、選手たちもみんな京都、札幌、仙台の結果は知っていたそう。

「油断しているつもりはなかったけれど・・・うーん、そういうものはあったかもしれない」と話していた選手もいましたし、デカモリシは「結果は聞いていた。チャンスだと思いながらやっていた」と話していました。他チームには悪いけれど、14時キックオフの試合結果はセレッソにとってラッキーといえるもの。でも、それはすべて「セレッソがザスパに勝ったと仮定して」始まるハナシ。どこかで、あの結果を聞いただけで安心しはしなかっただろうか。

 何度も何度もシーズン最終盤でどんでん返しを食らい、涙をのんできたセレッソ。次節、次々節は同時刻キックオフということなので、昨日のようなことはないとは思うけど、勝たなきゃ何も始まらない。他チームの結果うんぬんはその後についてくる「条件」でしかないのだから。

 ジェルマーノが警告累積で、江添が退場を受けての出場停止、アレー、ゼ・カルロスもまだ間に合いそうにない。あっちもこっちも人がいない状態になってきました。昨日の試合後、キーマンになるであろう羽田に意気込みを聞きました。「自分がどのポジションをやるのかまだわからないけど・・・ボランチにはミヤ(宮本)も(藤本)康太いるしね、大丈夫だと思います」。

 まさに総力戦の様相ですが、センターバックの若手、阪田や山下もいる。彼らも今季出場した経験があるし、昨日もベンチに入っていました(まさかクルピ監督がこんな状況になると予想していたとは思わないけれど)。都並前監督時代から、若い選手に積ませてきた経験が、大詰めに来てモノをいうのでは・・・と思ってみたりもします。

|

« ポジティブ、ポジティブ | トップページ | 御大は今日も自信たっぷり »

コメント

クルピ監督のコメントを読んで思うのは 非常にオプティミスト だということ。日本語にすると「楽観論者」とでもなるかもしれませんが「期待論者」かも。
確かに 現時点で 昇格の可能性は低いかもしれませんが まだ ゼロではない。なら 得られる可能性のある数パーセントのために全力をつくし 確率を高めるよう考え 行動するのが真の「プロ」ではないかと思います。
監督のすることは チームの置かれた状態がどうであれ チームのベストパフォーマンスを出すよう選手に指示を与えること、選手のすることは 目の前の敵と対峙し ボールをゴールに入れること。
我々 サポーターのすることは 選手 チームを応援すること。シンプルに。

投稿: せれぞう | 2007年11月23日 (金) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/17123728

この記事へのトラックバック一覧です: 他会場の結果:

« ポジティブ、ポジティブ | トップページ | 御大は今日も自信たっぷり »