« ついにクライマックスへ | トップページ | ますます混沌 »

2007年11月10日 (土)

常に上を見てプレーする

 明日は福岡戦。「J'sGoal」のプレビューを書きつつ、いやでも気分は盛り上がってくる。昇格にこぎつけるためには絶対勝ねばならない一戦、ずっと勝ち続けなければならない状況。春ごろには想像できなかった、スリリングで楽しみな展開になっています。「残り4試合になって、こういう状況で試合ができるのは幸せなこと」。最近、選手やスタッフと話していて、そんな言葉をよく聞きます。タイトル争いでないのがナンだけれど、消化試合なんてつまらない。こうなったら、最後の最後までドキドキさせてもらいましょう。

 さて、後先になってしまいますが、先日の天皇杯4回戦の川崎フロンターレ戦。現時点で、J1のチームにぶつかって、どんなサッカーができるのか、選手たちはどの程度の手応えを感じることができるのか? そんなことを考えながら見ていました。残念ながら結果は3-0、J2とは違うプレッシャーの強さ、プレースピードの速さ、カウンターの鋭さを選手たちは痛感したのではないでしょうか。

 先日、あるベテラン選手(名前を伏せる必要はないかも、吉田選手です)にインタビューしたとき、何気なく「今年は若手も出てきて、がんばっているし」というような話を振ったら、「うーん」としばし考えたのち、「確かにがんばっていると思う。でも、持っているポテンシャルからしたら、もう少しやれるんじゃないか、得点で言うと、あと1点2点取れるんじゃないのか、と思う選手もいますね」。そして、「確かに若い選手は試合に出て、チームの力にはなってくれているけれど、年寄りの自分としては、J2に満足するのではなく、J1でも今のプレーが通用するのか、J2だからヌルくてシュートまでいけているけど、J1のレベルならしんどいんじゃないか、そんなことを練習でも試合でも意識してやってほしい気がする」。

 今年に入ってチャンスをもらって、初めて試合に出るようになった選手が多いチームにあって、J1でも多くの経験を積んできた彼らしい提言を聞いた気がしました。「本当にJ1に上がりたいなら、上がったあとにしっかりしたプレーができるように、当たり前のレベルというものにあげていかないと、このままでは厳しいと思う」とも話していました。

 J2で昇格を目指して戦っている今、目の前の試合に勝って結果を出すことが最優先なのは間違いないけれど、若い選手には常に上を、J1のレベルを意識してプレーしてほしい気がします。そういう意味で、7日のフロンターレ戦は貴重な経験になったのではないかと、だからこそ、曜一朗と香川にもあの試合を体験してほしかったなと思います。

 と言いつつも、まずは昇格、そしてそのためには明日の勝利。今日の試合結果にニンマリしすぎることなく、選手たちには心のこもった全力プレーを期待します。

|

« ついにクライマックスへ | トップページ | ますます混沌 »

コメント

いい記事ですね。ここんとこ、「横井素子」の名が見れるようになって、うれしいです。とにかく、あした、一生懸命に応援しよっと!

投稿: のじょー | 2007年11月10日 (土) 19時42分

呼吸はまだ 止まっていない...

意識はあるが動けないてところでしょうか.. 京都が引き分けでよかったのに。 J's goal 等 拝見させて頂いてます。

投稿: Red x blue | 2007年11月12日 (月) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/17033451

この記事へのトラックバック一覧です: 常に上を見てプレーする:

« ついにクライマックスへ | トップページ | ますます混沌 »