« 目指すところが高いから | トップページ | 幸せな一日 »

2007年10月14日 (日)

「まだどのチームも、何も手にしていない」

 試合後の両チームの表情は実に対照的でした。特に京都。引き上げてくる選手たちの表情はまるで敗者のそれ。出迎える加藤コーチが「顔を上げて」と声をかけていました。一方のセレッソはうれしい、とまではいかなくてもホッとした様子。会見で「非常にすばらしく、激しくかつ感動的なゲームだった」と語ったクルピ監督も、笑顔を見せていました。

 結果は2-2のドロー、シュート数も14本と同数。この時期の、しかも試合前日の監督交代に打って出た京都が立ち上がりからアグレッシブさを見せ、セレッソはそれに気圧されたのか、ミスが目立ちました。ボールが足につかない選手が多く見られた中でも、気になったのがゼ・カルロスの不用意なプレー。25分、相手の先制点につながったプレーもゼ・カルロスのミスから。33分には吉田の2度のビッグセーブでかろうじて失点にはならなかったものの、あの場面もゼ・カルロスのパスミスが発端。相手のプレーに気迫がこもっていただけにイヤなムードで前半が終了。

 後半早々に相手選手が退場し(徳重は気合が入りすぎていたように見えました)、数的有利になってボールポゼッションはできるようになったものの、相手にはね返され続けているうちに、カウンターを受けて2失点目。76分という時間帯といい、ゲーム運びといい、サンガにととっては完全な勝ちパターン。セレッソにとっては敗戦濃厚といった形でした。

 が、ここでクルピ監督が2枚同時にカードを切りました。あの時間帯まで交代をしなかった理由について、「古橋と小松へのクロスのはいりが悪かったが、よくなるのではないかと様子を見続けていた」と話したクルピ監督。結果的に絶妙のタイミングと言えました。数的不利のなか、守り続けていた京都は疲弊、スピードあるフレッシュな選手の出現は脅威だったはず。裏を返せば、セレッソにはあの時間帯に威力を発揮する選手がまだベンチにいたということ。曜一朗の狙い通りの中央突破、それを予測して香川が出したスルーパス、すばらしかった。2点目もそう。相手を翻弄した鮮やかな得点でした。

 負けパターンをドローに持ちこんだということで、顔が自然にほころんでしまうのですが、タイトルにした言葉を引き合いに出して自分を戒めています。「J2はまだどのチームも、何も手にしていない」。京都の加藤コーチ(次期監督予定)の記者会見での言葉です。いうまでもなく、終了間際の失点で勝利を逃がした自軍の選手たちへのメッセージだったわけですが、それはセレッソにもいえること。まだ何も手にしていない。喜ぶのも悲しむのもまだ早い、というわけです。

 次節はまたまた直接対決、仙台戦。攻撃のキーマン・香川の出場停止は痛いけど、今日の試合を見たかぎり、そう悲観することもなさそう。このところ出番がなくてへこんでいたという彼が、またおいしいところを持っていきそうな気がするのですが・・・どうでしょうか?

|

« 目指すところが高いから | トップページ | 幸せな一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/16760483

この記事へのトラックバック一覧です: 「まだどのチームも、何も手にしていない」:

» 地獄の釜の底を見てきた [大阪の耳はロバの耳 ]
後半40分を回っていた。オレはゴール裏でへたりこんでしまっていた。終わった…今日 [続きを読む]

受信: 2007年10月16日 (火) 23時23分

« 目指すところが高いから | トップページ | 幸せな一日 »