« 暑かった福井の試合で | トップページ | 頼もしかった! »

2007年8月10日 (金)

ベンチに入れなくても

 明日の札幌戦、前節退席処分を受けたクルピ監督はベンチ入り停止。確かに局面局面で指示が出せないとか、交代の微妙なタイミングとかについては不安な面もある。でも、クルピ監督なら、「自分がベンチに入れないデメリット」を逆手にとって、選手をうまく鼓舞しそうな気がする。

 先日、エゾにインタビューしたとき、「クルピってどんな監督?」という実に漠然とした質問をしてみた。以下、エゾの答え。「外国人の監督は、自分にとっては初めてなんですけど、なんというか、いいまわしが哲学的なところがあって、サッカーのプレーについて言うのに、直截的に表現するのではなくて。選手の気持ちをうまくもっていかせたり、表現の仕方からは、いろいろ経験を積んできたんだな、というのを感じさせられたり。この表現の裏にはこんなことを含んでいるんだ、とか勉強になりますし、人の気持ちをくみ取りながら話しているなと感じますね」。

 ひとことでいうと、「人心掌握術に長けた」ということでしょうが、このブラジル人監督はなかなか深い。場数を踏んでるなあ、と思わされます。選手やスタッフが感じる威厳が相当なものだと聞いたこともありますし。こういう人に「大丈夫」と言われると、大丈夫じゃないことも大丈夫になってしまうような、鋭いオーラを感じるのです。

 札幌戦の前のミーティングでクルピ監督が何を選手たちに言うのか。興味深いです。

|

« 暑かった福井の試合で | トップページ | 頼もしかった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/16069450

この記事へのトラックバック一覧です: ベンチに入れなくても:

« 暑かった福井の試合で | トップページ | 頼もしかった! »