« ベンチに入れなくても | トップページ | 久しぶりの現場で »

2007年8月20日 (月)

頼もしかった!

昨夜行われたU-17ワールドカップのハイチ戦。テレビ観戦しましたが、見た甲斐がありましたねぇ。左太ももを痛めたとかで先発を外れた曜一朗でしたが、追いつかれた後半途中、ついに登場。その頼もしかったこと! ハイチのなんとも表現しがたいパワーの前に、我を失っているかのように見えた日本に、魂を吹きこんだといったら言いすぎかな、でも軽快なステップから「俺らのサッカーってこうやったやん! もう一回思い出してやってみようや」という曜一朗の声が聞こえてきそうな感じでした。

 セレッソにおける彼の立ち位置と、U-17代表においてのそれとはまったく異なるもの。セレッソではそれこそ下部組織に所属していたときからずーっと末っ子。つまり自分の好きなことだけをしていても怒られないし、わがままもある程度は許される、というような。でも、ひとたび「代表」という肩書きがつくと一変。早生まれの彼は常に一番“お兄ちゃん”になってしまう。かつては、そのギャップに戸惑ったり、どう振る舞えばいいのか悩んだこともあったと聞いています。

 今年5月にインタビューをしたときU-17での役割について聞くと、「キャプテンマークはつけないけれど、みんなを引っ張っていくこと。代表の中では、僕に対してだけ、みんな敬語を使うし“くん”づけで呼びます。ほかの選手にはタメグチなのに。下の子が『最近代表に呼ばれないのでやばいんですけど』とか電話で相談してくることもあります。僕はその子のいいところをいっぱい知っているから、いろいろ話して相談に乗ったりもします」と、少し得意そうに話していました。

 自分が引っ張っている、という自覚がみなぎっていた昨夜の曜一朗。プレーはもちろん、ピッチに入ったときの表情、発したであろう言葉、河原の決勝ゴールが決まったときのパフォーマンスの仕掛け方、余裕しゃくしゃくで相手DFの間をすり抜けた動き、あっという間に陥れた3点目、そのあとの献身的なディフェンス。見事なまでに試合のリズムを変え、日本のゲームにしてしまったのだから、見ていて本当に楽しかったです。多分、すべて彼なりに計算した上でやったことだと思います。

 都並監督からクルピ監督に代わって、出場機会が激減していた彼について、少し心配していました。以前(今年4月ごろ)、今回の大会に向けた意気込みを聞いたときに、「セレッソから『チームに必要だから、いかないでほしい』と言われるのも自分にはプラス。逆にチームで試合に出ていないから、行って来い、みたいな感じになると、どうモチベーションを上げていいのかわからなくなるし・・・」と話していたのが、ずっと頭の隅にあったからです。現実は彼の言う後者のパターンになったわけで(もちろん、クルピ監督が彼を不要だとしているのでは決してなく・・・その証拠に来日直後クルピ監督は、強いインパクトを受けた選手として真っ先に曜一朗の名前をあげていた)、しばらく実戦を離れた彼がどう世界大会に向き合うのか、気になっていました。

 そんなちっぽけな不安など吹っ飛んだ昨日の試合。ナイジェリア、フランスという本物を相手に、どう挑むのか。「できるだけ強いチームと当たりたい。そこを倒して這い上がって、日本の力を見せたい」と話していた曜一朗。見せてもらいましょう。夏の夜の楽しみが増えました。

 

|

« ベンチに入れなくても | トップページ | 久しぶりの現場で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/16183809

この記事へのトラックバック一覧です: 頼もしかった!:

« ベンチに入れなくても | トップページ | 久しぶりの現場で »