« 新しいムードメーカー | トップページ | 暑かった福井の試合で »

2007年7月22日 (日)

後半戦は連勝スタート

 昨日の草津戦。試合が始まった直後は、相手の気迫だけが伝わってきて、「大丈夫?」とハラハラしたものの、オウンゴールで追いつくと、攻めに攻めて逆転に成功。まずはめでたく3連勝、となりました。

 試合後のクルピ監督もニコニコ顔で会見場に入って来、まず「しっかりゲームを支配することができた」とコメント。そして課題として、「もう少しいいスコアで勝てたのではないか」と。その要因を尋ねると、「攻撃の細かいところのツメが甘かった。細心の注意を払っていれば、あと何点か取れたと思う」との答え。まったく同じことを、フルがコメントしていました。「もっと精度を高めないとシュートまでいけない。シュートの精度ももっと高めないと」。次節以降、上位チームと続けてあたることについても、「今日以上の力を出さないと勝てない」と、厳しい表情で話していました。

 先制したあと極端に動きが落ちた草津だったからよかったものの、いつもいつもいい結果が待っているとは限らない。「ボールをしっかりつないで、じっくり攻める」というスタイルが定着してきただけに、「もう一工夫」がほしい。

 もうひとつ気になったのは、立ち上がりと同様、ロスタイムにも相手にやや押し込まれてバタついたこと。「1点差ゲームの終わり方があると思う」と吉田が話していましたが、どう見てもすなんり終わる展開のはずが、最後はなぜかドキドキ。事なきを得たので笑ってできる話ですが・・・。

「クルピ監督になって8勝目。いい監督だし、監督のいうとおりやっていけば大丈夫。問題ないです」とゴキゲンな様子だったデカモリシ。それに比べて同じU-20組の香川はお疲れモード。「眠れないこともあるし、食欲も落ちている。汗をかくので水分ばかり摂ると疲れるし・・・」と心配なコメントをしていました。帰国直後も「体は正直キツイ」と言っていたし・・・ピッチでのパフォーマンスが疲れを感じさせないだけによけい心配。気をつけてほしいものです。

|

« 新しいムードメーカー | トップページ | 暑かった福井の試合で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/15842869

この記事へのトラックバック一覧です: 後半戦は連勝スタート:

« 新しいムードメーカー | トップページ | 暑かった福井の試合で »