« 連勝止まる、けど先は長い | トップページ | この間のいろいろ »

2007年6月30日 (土)

明日は・・・

 今日は津守へ。といってもメインの取材は、トップチームのお隣、人工芝グラウンドで行われた「女子サッカークリニック」。セレッソ大阪が主催(共催)しての第1回目ということで、じっくり見てきました。女の子ばかり110名が集ってのスクールはなかなか壮観でした。普段は男の子のスクール生が多いとあって、緊張気味の某スクールコーチには笑えましたが、最後にはサプライズゲストも登場して大成功に終わりました。

 クリニック終了後、天然芝グラウンドのほうを見たら、曜一朗の姿が。ケガで戦列を離れ、つい2日ほどまえから合流したと聞いていたので、さっそく話を聞くことに。「今日もフルメニューで練習したし、大丈夫。明日の試合もいけます」とのこと。クルピ監督に代わってからは先発を外れることが多くなっていた曜一朗。「今はアピールすればつかってもらえると感じているから、そんなにへこんでいませんよ」と話していました。明日は、もしかしたら、ですね。

 明日は、セレッソ大阪U-18にとっても大事な試合がある日。公式ホームページのトップページにニュースとして掲載されているほどですから、クラブとしての力の入りようがうかがえます。今年のユースはいろいろな面で変化しているし、また変化しようとしています。「ハナサカクラブ」(これについては書きたいことがあるので、またの機会に詳しく)がスタートしたこともそうだし、今までは十分ではなかった活動報告をいろいろな手段でやっていこうとしています。

 先日、『サッカー・ダイジェスト』の記事を書くために、U-18コーチ兼育成コーディネーターの中谷吉男さんにインタビューさせてもらいました。「クラブのカラーはユースが作る」という言葉が強く印象に残っています。ユースで培われた“セレッソ魂”を持った選手がトップに昇格し、チームの主軸を担うのが、クラブの本来の姿。遅ればせながらセレッソも本格的に着手し始めました。様々なチャレンジが見えるところ、見えないところでなされていますが、一歩前進するためにも、多くの人に理解してもらうためにも、「今年は目に見える結果がほしいですね」と、中谷コーチと言い合いました。プリンスリーグ関西での初優勝はその第一歩。決戦があのガンバ大阪ユースとの対戦ですから、出来すぎです。実績では大きく水をあけられているすばらしいライバルに対して、どんな戦いっぷりを見せるのか。未来を占う試合、なんていうと大げさかな。でも、選手たちは普段どおりで。

|

« 連勝止まる、けど先は長い | トップページ | この間のいろいろ »

コメント

ヨコモコさん。よかったらこの記事のトラックバックを解放してください。
うちの娘がサッカークリニックに参加していて、記事にしたものをTBしたいので。
このコメントは個人的な連絡なので削除していただいていいです。

投稿: 超新星 | 2007年7月18日 (水) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/15804623

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は・・・:

» 6月30日くもり [なでしこジャパン育成計画]
前回の予告通り大阪女子サッカークリニック2007に行ってきた。募集に人数の制限がなくてなんか手を挙げたら全員来られそうなイベントだがひょっとしてそんなにこないのかなぁ?って思っていたがくるわくるわ110人!普段、男の子に混ざってボールを蹴っている女....... [続きを読む]

受信: 2007年7月20日 (金) 01時17分

« 連勝止まる、けど先は長い | トップページ | この間のいろいろ »