« 笑顔の中に悔しさも | トップページ | あれから7年 »

2007年5月28日 (月)

インターバルへ

 昨日の試合。開始早々のアクシデントで、選手の動きがどこかぎこちなく、元気がなくなった気がしました。クルピ監督もコメントしていましたが、フルの負傷退場が与えた精神的な影響は確かにあったと思います。ましてスタジアムに救急車が横付けされ、スレトッチャーで運び出されたのですから、目の当たりにした選手たちが動揺するのは当然でしょう。でも、「アクシデントなので仕方ない。そこから立て直さないといけなかった」という柳沢のコメントも深くうなずけるもの。

 監督交代から間がなく、チームとしての形が定まっていないところに加えて、チームリーダーのショックキングな形での退場・・・これでもかというぐらいマイナスの要素があったのは理解できても、ホームであのパフォーマンスは悲しすぎました。デカモリシのゴールでかろうじて一度、スタンドは沸きましたが、見えてこない戦い方にもどかしい思いがしたし、アグレッシブさが伝わってこないのは寂しかったです。湘南が、愚直なまでに自分たちのサッカーを成し遂げただけに、なおさら。今のセレッソにないものすべてが、湘南にはあったと思います。ベテランのツボを心得たプレー。自分たちの力を十分に知った上で、的確に割り振られた役割と、それをきっちりこなす選手。「チームとして機能している」と淡々と、しかしきっぱりと言う湘南の加藤選手のコメントを聞いて、差を見せつけられた気がしました。

 クルピ監督は、むしろさばさばした様子で、「キャンプでさらに練習を積み重ねる。今はチームとしてひとつの形を決めるに至っていない。時間をかけて見極めて、ひとつの形をつくりたい」と話していました。就任当初語っていたように、「アフターキャンプ」こそ新しいセレッソのスタートである、という考えは変わっていないようでした。あせったところで、劇的にチームが変わるわけでもなく、イラついたところで強くなるわけではないでしょう。「急がばまわれ」という言葉もあります。百戦錬磨のクルピ監督のことですから、自信をもって淡路島キャンプに臨むのだと信じています。「クルピ監督のサッカーを信じてやるしかない」。選手たちも口々に言っています。監督交代からの4試合。消したくても消えてくれない不安をこのインターバルで薄めてくれることを願っています。

|

« 笑顔の中に悔しさも | トップページ | あれから7年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/15235951

この記事へのトラックバック一覧です: インターバルへ:

« 笑顔の中に悔しさも | トップページ | あれから7年 »