« ご覧ください | トップページ | 点が取れない »

2007年5月 4日 (金)

第1クールが終了

 昨日の徳島ヴォルティス戦で、J2リーグの第1クール12試合が終了。シーズンの4分の1が終わりました。開幕3連敗という結果もさることながら、その内容を振り返ると、大変な第1クールだったと思います。12試合で4勝3分5敗という結果は、決して満足いくものではありません。勝点(15)も、少なくともあと5点ぐらいは拾えた気がしますし・・・。

 それでも前向きに考えられるのは、ここ数試合で若い選手が次々頭角を現してきたから。苔口、デカモリシというある程度の実績のある選手が不調だったこともあり、曜一朗、中山、香川という「超若手」がそれぞれに結果を出し、監督にとって「計算できる」戦力になったことはもしかしたら、予想以上のプラス材料かもしれません。といっても、出だしの不調を差し引きすると、まだまだトータルでプラスに転じるというわけではないかもしれませんが。

 昨日の試合も、勝点3を取り損ねたといえるものかもしれません。相手の守備が堅いことは織り込み済みながら、崩しきれなかったこと、同じリズムで攻め続けてしまったことは、素直すぎる印象です。「相手が引いた状態になって、自分たちがボールを持てるのはわかっていたのに、単調になり工夫がなかった。シンヨン(金)が入ったのだから、パワープレーで勝負してもよかったかなと思う。いつも同じやり方では崩せない。相手によって変えていかないと」とは香川のコメント。前節は、途中で入ってすばらしいプレーを見せましたが、昨日は相手の厚い壁に阻まれた感じでした。「何もできなかった」と本人は悔いていました。もう少し時間があったらおもしろかったかも・・・という印象でした。

 香川のコメントの冷静さにも驚きましたが、曜一朗の落ち着きぷりも印象的でした。今後の意気込みを聞かれて、「点を取ってDFを楽にしてあげたいこと、もっと前でボールを追いかけていきたいこと、J1昇格として大きな目標の前に小さな目標はいろいろある。それ1コ1コやっていきたい」。第1クールの苦しみを糧に、収穫をより大きな実りに変えるために・・・第2クールのスタートが楽しみになってきました。と、いっても明後日にはもう始まるんですね。

|

« ご覧ください | トップページ | 点が取れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/14947388

この記事へのトラックバック一覧です: 第1クールが終了:

« ご覧ください | トップページ | 点が取れない »