« 「本当に強くなる」のは難しい | トップページ | 爽快感が残るドロー »

2007年4月23日 (月)

サッカーは不思議

 練習前に南津守で選手インタビューを終えて(練習は見られず)、そのあとサッカースクール・泉大津校の取材に行ってきました。まもなく発行予定の『Soccer Kids』の記事のためです。

 スクール生のゲームを見ていて、つくづく感じたのはサッカーというスポーツの不思議さでした。確か5人ずつぐらいでミニゲームをしていたのですが、参加人数の関係で、片方のチームがひとり少ないメンバー構成になっていました。試合は始まってまもなく数的優位に立つチームが3点を先取。1人少ないチームの子どもから「あかん、絶対負ける」という声が聞こえてきました。

 そこでコーチが、「1人少ないから、コーチが入るわ」と言い、同人数になってゲームが再開されました。それから何分もしないうちに、負けていたチームは3点をあげて追いつきました。同数になり、しかもコーチが入ったのだから当然と言えそうですが、不思議なのは、そのコーチがまったくボールに触れていなかったこと。がぜん元気が出てきたもともと数的不利だったチームは、結局接戦を制して、5-4(だったかな)で競り勝ちました。その間も、コーチがボールに触れたのは数えるほどでした。

 負けていた子どもたちは、3点をリードされて意気消沈していました。そこでコーチが入って同数になったというだけで、実際はコーチがほとんど参加していないにもかかわらず、驚くべき変化を見せたのです。心理的な要素が、このスポーツにいかに大きく影響するのかを見せられた気がしました。「負けると思ったら負ける。勝てるはずとなめたら負ける、サッカーって不思議なもんやね」。そう言うと、「もしかしたら、プロも同じかもしれませんね」と、コーチ。ホント、おもしろいものです。

|

« 「本当に強くなる」のは難しい | トップページ | 爽快感が残るドロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/14824604

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーは不思議:

« 「本当に強くなる」のは難しい | トップページ | 爽快感が残るドロー »