« ミズノユースフェスティバル! | トップページ | そしてサガン鳥栖戦に向けて »

2007年4月 5日 (木)

ミズノユースフェスティバル、の続き

 遅くなってしまいましたが、高知で行われていたミズノユースフェスティバルの続きです。といっても、大会は昨日(4日)、セレッソU-18が1位になるというすばらしい結果をもって終了しています。私は、2日目の上位リーグ2試合までを現地で取材。セレッソは、玉野光南高校と大分トリニータU-18と対戦しました。玉野光南戦は、3-0で快勝。

 この試合では、2得点をあげたFW永井のプレーが特に目を引きました。前線から常にプレッシャーをかけることで、相手にはかなりの脅威になったはず。前へ向かっていく姿勢は見ているだけで気持ちがいい。試合後、話を聞いたのですが、先日トップの練習に参加したことにふれると、パッと笑顔になり、「最終的にはあそこでプレーしたい気持ちが強くなった」と話していました。これから始まるプリンスリーグなど公式戦に向けては、「レギュラー争いに勝って、チームに貢献したい」と抱負を語っていました。

 続く大分トリニータU-18戦は苦戦しました。実力あるチームで、圧倒されることもしばしば。試合前、大分トリニータの村田監督(元セレッソのDFでした)は、「うちはそんなに強くないから、一生懸命やるだけですよ」なんて話していたけれど、とんでもない謙遜でした。何とか食い下がったものの、1点を奪われて敗戦。それでも得失点差で上回ったことで、1位、2位決定戦に出場することになりました。

 昨日行われた順位決定戦では京都サンガF.C.U-18に2-0。公式戦ではないものの、見事な「優勝」。グループリーグでは厳しい試合もあっただけに、それを乗り越えて結果を勝ち取ったことは、意味があるのではないでしょうか。

 今回話を聞いた永井のほかにも、いい選手がぎっちりいるU-18。これからも取材を続けていく予定なので、ときどきここでもレポートできればと思います。

|

« ミズノユースフェスティバル! | トップページ | そしてサガン鳥栖戦に向けて »

コメント

お疲れさまでした!
ユースは頑張っているようですね。更なる活躍が楽しみです。
大分のU-18の監督さん、村田さんなんですね。
川前選手とのコンビは、空中戦も強くて頼もしかったのを
思い出します。

投稿: 明石 | 2007年4月 5日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/14572332

この記事へのトラックバック一覧です: ミズノユースフェスティバル、の続き:

« ミズノユースフェスティバル! | トップページ | そしてサガン鳥栖戦に向けて »