« 1日遅れの「初勝利」レポート | トップページ | 若さゆえ、なのか »

2007年3月27日 (火)

もう少し、京都戦のこと

  今季初勝利に浮かれていたわけではないけれど、昨日の記事はややはしょり過ぎかな、と思い、改めて京都戦を振り返ってみました。そうでなくても、J2になると露出が極端に減っています。ゲームレポートなども「へっ?」と思うぐらい短い(か、ナシのことも多い)ですもんね。まあ、これがJ2というもんです。ですので、できる限り、ここでレポートしていけたら、と。

 都並監督のコメントではないけれど、本当に難しいチームだなと実感した京都戦でした。大阪弁でいうなら、「ナンギなチームやなぁ」というところ。ヴェルディ戦ではあれほど集中した立ち上がりだったのに、まったく別のチームにようでした。ちょっとしたバランスの崩れから、ピッチ上のあちこちでドタバタしはじめると、もう修正不可能という感じ。中盤にぽっかり穴があいて、ボランチの宮本が右往左往するものの追いつかないという場面が目につきました。アレーの調子もいまひとつ。ヴェルディ戦では冴えた動きが目だったのに、別の選手のようでした。

 前後半でそれぞれ1失点ずつしたわけですが、守備の修正点を問われて、都並監督はこう答えています。「前半の課題と後半の課題はまったく違うと思います。前半はチームとして連動せず、勝手に追いかけているだけで、逆に相手の良さを引き出してしまっていた。これは全員の気持ちの問題なので、落ち着いて冷静さをもつことがポイントになる。後半は、リズムがいい中でシンプルにやればいいところを変にこねたりとか、それは個人の判断のミスなので、これについては選手に口を酸っぱくして言っていく必要があると思う。でも、後半の課題修正のほうが楽かなと思います」。問題は、「前半の課題」というわけで、開幕戦のそれとも通ずる気がします。この課題の解決策は・・・なかなか難しいと思います。もしかしたら、長い付き合いになるかも(なってほしくないけど)。

 

|

« 1日遅れの「初勝利」レポート | トップページ | 若さゆえ、なのか »

コメント

なんか評価の難しい試合でした。

前半の出来、後半の出来と分けて考えるより、自分はその「変化」自体が対京都として良かったような気がします。
例えばセレッソのボールホルダーに京都の3人のDFがついていながら一人も寄せてこなかったり何かセレッソの変化以上に京都が混乱していたような。
京都側のサイトをみると特にそれを感じます。

それでも、初勝利はうれしいし、都波監督の「若手育成を重点に置く」サッカーに共感しています。

早くもっといい選手になって、まともなプレスをかいくぐって攻撃できるように、相手を選ばず戦えるチームになるよう期待をもって待ち望んでいます。

投稿: 銀 | 2007年3月28日 (水) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/14429292

この記事へのトラックバック一覧です: もう少し、京都戦のこと:

« 1日遅れの「初勝利」レポート | トップページ | 若さゆえ、なのか »