« 開幕を前に | トップページ | いよいよ始まる »

2007年3月 8日 (木)

開幕目前の雰囲気

 開幕3日前。紅白戦が行われるとのことで、今日も元気にグラウンドに行ってきました。が、今日は寒い。風がやたらに冷たかったです。そんな中、チームの雰囲気は・・・なかなかいい感じ。声もよく出ているし、練習後にコメントを聞いた、モリシ、フル、エゾたちの表情も、程よい緊張感のなかに自信がのぞくものでした。

 練習は、紅白戦がメイン。メンバーは・・・先日の佐川急便戦のものに、モリシが入ったという形。違っていたのは、左サイドバックにゼ・カルロス、その一つ前のポジションに宮本が起用されたこと。そして目を引いたのはその宮本の動き。今まで「ひたすら守備の人」というイメージだった彼が、攻撃にも効果的にからんでいたのは少し驚き。本人にも少し話を聞きましたが、「経験のないポジションだけど、自分なりに工夫してやっている」とのこと。マッチアップする選手によって、スタイルが変わってしまうポジションではありますが、見どころのひとつだと思います。

 相変らず好調をキープしているのは、コケ。都並監督の評価も上々です。練習後の囲みでは、「(今日発表のU-22日本代表メンバーに)まあ、入るでしょう。このあいだ(江尻)コーチがきたときもそのような話だったし。呼んだほうがいいと思います。というか、サッカー人としては呼んでほしい。ただセレッソの監督としては、呼ばないでほしいなーという気持ちもちょっとある」と、私たち報道陣をわかせた監督の読みは外れて、今回はメンバー外に。本人は、思わず「マジか?」と口走ったあと、「泣きます」と言い残して去っていきましたが・・・。確かに残念だけど、まだ先は長いし、今月はシリア戦もある。いずれ必ず入る選手だから、とあまり心配していません。それより、今のいい状態でリーグに入ってほしい。そう思います。

 仙台戦に向けた選手コメントをひと言ずつ。インフルエンザから昨日(7日)完全復帰したモリシは、「これからもう少しコンディションを上げていって、あと3日、気持ちも高めていって、開幕戦を迎えたい」。昨日はマスク姿で少し心配しましたが、もう大丈夫のよう。フルは、「この前の練習試合(佐川急便戦)でもそうだったが、まだまだ高めていくべきところはあるけれど、今のベストを尽くしたい。みんな声も出ているし、やるべきことは分かっている」。コンディションがいいとのことで、表情は明るかったです。ディフェンスラインではただ1人、最初からずっとメンバーに入り続けているエゾは、「監督の目指すサッカーに近づいている。課題があっても、それを修正し、耐えてながらやってこれている」と、手応えを口にしていました。このいい雰囲気を、どう11日につなげるか、結果に結びつけるか。少しドキドキするけれど、楽しみです。

|

« 開幕を前に | トップページ | いよいよ始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/14195367

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕目前の雰囲気:

« 開幕を前に | トップページ | いよいよ始まる »