« インタビューの日々終了 | トップページ | ちょっとだけ更新 »

2007年2月 4日 (日)

キャンプから帰ってきて

 昨日、高知から戻り、今日からせっせと原稿書き。インタビューを記事にしながら、キャンプでのチームの様子を思い出していました。特に印象に残っているのは都並監督の並々ならぬ意気込み。「自分が変える」という強い意志を持ってチームづくりに取り組んでいる姿は、素直に感動できるものでした。選手たちもそれに敏感に反応し、懸命にアピールしているし、しかもすごく明るい。春野のすばらしい好天の下だからかもしれませんが、まぶしかったです。チームづくりはほとんど一からになるかもしれません。都並監督は特にディフェンスにおいてはまったくちがうサッカーをしようとしていますし。大変なパワーが必要なことだな、とは(キャンプ中に行った)監督インタビューでも感じました。チームだけでなく、周囲のサポートが非常に大切になってくると思います。

 高知から大阪について、昨日はそのままサポーターズコンペンション(以下サポコンと略します)第2部に行ってきました。4時間にわたる内容については、簡単に言い表すことは難しいですが、原点を忘れたくないなと思いました。クラブの主催するミーティングに、わざわざ時間を割いて、長居スタジアムに来場し、クラブへの質問を用意し、また4時間と言う長時間、じっと耳を傾け、真剣にセレッソについて考えてくれている人たちが、あんなにいるということ。何かをもらえるわけでもなく、むしろ休日をつぶし貴重な時間を割いてまで、セレッソのために心をくだく人たちがいるということを。 セレッソの仕事をする前、Jリーグが始まる直前のころ、「サポーターとはどんな存在か?」を初めて言葉として知ったときのことをふと思い出しました。

 昨日のサポコンですべてが解決したわけではないと思いますし、受け止め方は人によって違うでしょう。でもあの4時間が、無駄にならない'07年になってほしい、いや、していかなければならないと思っています。

 明日もがんばって、原稿。6日の初練習試合を見られないのは残念だけど、宮崎キャンプにスッキリ気分でいけるように。

 

|

« インタビューの日々終了 | トップページ | ちょっとだけ更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/13791054

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプから帰ってきて:

« インタビューの日々終了 | トップページ | ちょっとだけ更新 »