« 眠かった、けれど晴れやかな一日 | トップページ | 増えるけが人、でも試合は続く »

2006年11月12日 (日)

勝点がほしかった

 昨日のゲームレポートです。遅くなってしまいました。ごめんなさい。夕べ書こうかと思ったのですが、なんとなく考えがまとまらなくて。

 試合前から、塚田監督が警戒していたとおり、ジュビロの速く厚い攻撃に圧倒された立ち上がり。前半の16分ですでに2失点。その後も攻撃の手を緩めない相手に、「何点取られるのだろうと思った」と名波は言いましたが、同感でした。大量失点さえ不思議じゃなかった流れを変えたのは、嘉人のらしい強引なプレーでした。

「守って守って後ろからいってもやられるなら、前からいったほうがいいと思った。で、いったらよくなってきた」(嘉人)。ドリブルでゴール正面に進むと、最後はDFを振りきってシュート。前半ロスタイムに入ってからは、トーミの積極的な上がりから作ったチャンス。最後のシュートも簡単ではない、すばらしいものでした。この試合のマッチデープログラムに掲載されたインタビューはトーミのもの。話を聞いた選手がその試合で活躍するのはうれしいもの。「攻めは(コンビを組む)カワムさんに任せて、僕は守備を考えて、ボールをもったたらシンプルに動かすことだけを考えて・・・」と話していたトーミですが、あの得点のシーンは、ボールを動かすプラス自ら前に出て行ってフィニッシュ、という最高のプレーを見せたと思います。

 前半のうちに2点ビハインドを覆すというスリリングな展開。期待をこめて見つめた後半の立ち上がりもセレッソの攻勢が続いた、のに点を奪うことができなかった。なんどもあったセットプレーのチャンスを生かすことができず、逆に自分たちのCKから逆襲をくらって、痛恨の3失点目を喫しました。攻撃の鋭さや質において、ジュビロに劣っていたのはいなめません。相手にすれば、怖さがなかったのでは・・・。

 この試合でピンゴが負傷(左太ももの前面を痛めたとのこと)、深刻なものでないことを願っていますが、モリシがしばらく試合に出られないことを考えると、バックアップメンバーに注目が集まります。ジュビロ戦ではピンゴに代わって登場した名波は、「コンディションを考えると、今日(11日)頭からというのは厳しいかなと思っていた。今日ぐらいの時間がベストだったかな。でも来週はまたコンディションがよくなると思う」と話していました。必ず、活躍の場はある、と以前ここに書きました。本当にそう思います。もちろん、それは名波だけではなく、コケもそう、もっと若い選手だって・・・。残留争いは実質的に3チームによる「入れ替え戦出場権争い」に変わりました。残り4試合、しまっていきましょう。

 今日は、午後からJユースサハラカップの予選リーグ最終戦が(残念ながら、私はいけません。ここにコメントを下さった方、ごめんなさい)、夜はアジアユース決勝が行われます。デカモリシ、真司(香川)の活躍が楽しみです。

|

« 眠かった、けれど晴れやかな一日 | トップページ | 増えるけが人、でも試合は続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/12653439

この記事へのトラックバック一覧です: 勝点がほしかった:

» 完敗… [のじょーさんのページ]
J1第30節セレッソ大阪2-3ジュビロ磐田@長居第2陸上競技場 ジュビロにやられた。完璧に。がっくし。 前半16分で0-2…5、6点取られて虐殺される予感を、ヨシト(大久保選手)が華麗かつ豪快な技ありミドルシュートで1点もぎ取ると、する...... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 21時41分

» トミーのゴールも、しかし… [ぼくの知らないメロディー]
残念。悔しい。雨に濡れ、冷えた体と心にずっしりとこたえた負けだった。 [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 23時29分

« 眠かった、けれど晴れやかな一日 | トップページ | 増えるけが人、でも試合は続く »