« 勝点がほしかった | トップページ | さわやかな光景 »

2006年11月14日 (火)

増えるけが人、でも試合は続く

 今日は南津守へインタビューに・・・のはずが、直前になって中止。すでにグラウンドに向かっていたので、引き返すのももったいない、と取材に行くことにしました。私が到着したときには、練習は終盤、週初め恒例のフィジカルトレーニングが行われていた様子です。

 モリシ、サケ、ヤナギ、コータ先週からの顔ぶれに加えて、ジュビロ戦で負傷したピンゴも別メニュー。「けが人、増えてきましたよねー」とは、いっしょに練習を見ていた記者との会話です。ここに来て、ホントに増えてきました。練習後は、「これから最終的な状態をドクターに確認する」(塚田監督)、「ドクターやトレーナーと相談しながらケアしていきたい」(ピンゴ本人)と、ともにケガの状態については言葉をにごしていましたが、発表された結果は左太ももの肉離れで全治4週間という重傷でした。シーズン終盤になると、どうしても疲労の蓄積などで、ケガをしやすくなるもの。どこのチームも同じとはいえ、今チームがおかれた状況を考えると、厳しいです。

 さて、遅くなりましたが12日日曜日の深夜には、アジアユース決勝を観戦。またもや延長、PKというタフな戦いになりました。デカモリシは途中交代、真司は出場なし、という少し残念なラストゲームでしたが、よくがんばったと思います。世界への切符を勝ち取った上に、アジア最高レベルのチームを相手に2試合続けて延長戦に持ち込む粘りはたいしたもの。チームに大きなお土産をもたらしてくれるのではないでしょうか。

 そんな彼らの帰国は明日水曜日。塚田監督に聞くと、「チームへの合流は木曜日、ただしメディカルチェックが中心で、本格的に練習に戻るのは、そのチェックの結果次第になる。連戦でかなり張り詰めたものがあるはずだから」と、彼らのコンディションにかなり気を使っている様子でした。ただ、デカモリシのリーグ戦出場については、「FWの枚数を考えると、コンディションにもよるが、すぐに戦力になる可能性はある。タフになって帰ってくると思う」と、塚田監督も期待を寄せている様子。アジアでも屈指のフィジカルを持つCFであることを今回の大会で証明して見せたデカモリシ。残り4試合でラッキーボーイになる可能性もあります。

 残り4試合プラス2試合、総力戦になるのは間違いありません。チームとしての地力、底力を発揮できるかどうか、持っている力ではライバルに絶対に負けていないと思うだけに、すべてを出し切ってほしいです。

|

« 勝点がほしかった | トップページ | さわやかな光景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/12688860

この記事へのトラックバック一覧です: 増えるけが人、でも試合は続く:

« 勝点がほしかった | トップページ | さわやかな光景 »