« もう次の試合、でも大事な試合 | トップページ | 土曜日に向けて、着々と »

2006年11月26日 (日)

ついに最終戦まで・・・

 ずいぶん前から、「これは最後の最後までもつれそう」との予感がしていましたが、やっぱりそうなりました。大宮に0-2の完敗。前節、J1残留を決めたチームのモチベーションは? などと考えいましたが、相手の、ホーム最終戦にかける気持ちはそうとうなもの。厳しいディフェンスをベースに、うまく2点を取られてしまった、という感じでした。

 問題は、セレッソの攻撃のほう。前節の名古屋戦も、ベタびきの相手に苦しみましたが、今日の試合は一体・・・アキの1トップに嘉人とフルがシャドー、ゼ・カルロスとコケが両サイド、と攻撃的な布陣といえました。なのに、攻められない。後半リードされてから、デカモリシを前線に、さらに2点目を取られてからは、ゼ・カルロスにかえて曜一朗を投入。(デカモリシはともかく、曜一朗をこのタイミング(残留争いの佳境に)で起用したのは少し驚きました)。しかし、曜一朗自身も言っていましたが、「あまりボールが落ち着かなかった。なれなかったのもある。最後は蹴るサッカーになって、あまりボールにさわれなかった」。曜一朗らしい、ドリブルを見せようという心意気は伝わってきましたが、結果にはつながりませんでした。

 デカモリシ、曜一朗を今の状況で起用したことについては、塚田監督に質問しました。「本人のコンディション、パフォーマンスが上がってきたので、彼らのストロングポイントをゲームの流れの中で使いたかった」とのことで、「いずれどこかで試合に出てくることになる。この時期だから・・・というのはあるかもしれないが、チームの現状のなかで、パフォーマンスが上がっているということでの起用」だとも話していました。

 塚田監督は、今日の反省点として、「ゴールに向かう姿勢」をあげていました。次節、つまり最終戦は、それを修正したい、とも。ついに、いよいよ最終戦、あの川崎フロンターレとの一戦で、決まることになりました。うー、今からどきどきするけど、一度クールダウンするとします。リフレッシュして、火曜日の練習取材に行くとしましょう。

|

« もう次の試合、でも大事な試合 | トップページ | 土曜日に向けて、着々と »

コメント

いよいよ来ましたね!最後の最後。今年の責任はいったい誰がとるんでしょうかね?(それはコバさんが一番良く解っている事と思いますが。)
勝つのも良し、負けるのも良し(意識するとプレッシャーがかかるので荒川静香の様にヘッドホンをつけておくかな?)楽しめたら(個々の最高のサッカーセンスを出せたら)いいんじゃないですか。
「さあモチベーションを上げて思いっきり俺達のサッカーをやろうぜ!」
サッカーは騙し合い、裏の裏を、逆の逆を、ゴールが見えたら必ずシュートを!(タテ一本でゴールは高校生のサッカー、恥ずかしいので止めて下さい。)
サイドから崩す、又は中盤からのゴールへの上がり!見たいです!

投稿: トラ年ヒロちゃん | 2006年11月28日 (火) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/12834748

この記事へのトラックバック一覧です: ついに最終戦まで・・・:

» あきまへんなぁ〜 [ぼくの知らないメロディー]
最終戦、おもしろい試合して楽しませてほしい。で、勝って残留してくれればゆぅことなし。 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 23時30分

» 今、みんなが必要としなければいけないもの [センタリング ふわりと宙(そら)に跳んだ]
今日の大宮戦、 サポーターが望んでいた、デカモリシも途中出場したし、 曜一朗もJ1デビューを果たした。 でも大きなインパクトを残せなかった。 チームも大宮に敗れた。 デカモリシと曜一朗が出場することを期待をしている一方で、 このような状態で終わってしまう....... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 00時18分

« もう次の試合、でも大事な試合 | トップページ | 土曜日に向けて、着々と »