« 土曜日に向けて、着々と | トップページ | 涙も出ません、悔しくて »

2006年11月30日 (木)

思いは千々に乱れるけれど

 リーグ最終戦まであと2日。今日は、非公開練習でしたが、コメント取材は可能だったので、グラウンドへ行ってきました。練習は見ていませんが、グラウンド周辺にピリピリ感はそれほどありません。むしろ、優勝がかかった昨季のほうが、はるかに緊張感とただならぬ雰囲気が満ち満ちていたと思います。

 昨日の紅白戦で、3バックのメンバーを変え、名波トップ下起用というバージョンを試したと書きました。昨日の塚田監督の囲み取材で、「最終戦、それも大一番で、バックラインのメンバーを変えるというのはすごく大きな決断だと思いますが」と質問しました。「そうですね、勇気がいることです」というのがそのときの答えでした。「明日(つまり今日、木曜日)の練習で確認したい」と言っていた監督に、今日もしつこく質問しました。「今日の練習で、決めたいとおっしゃっていましたが、メンバーについて気持ちは決められましたか?」と。「それを信じてやります。いいパフォーマンスを確認できましたし、これで行くぞ、という形は自分の中でできたと思っています」と、塚田監督。さあ、その形は・・・いずれにしても、熟考のうえでの決断です。当日のメンバーを待ちましょう。

 と、割り切ってみても、誰が出たらどう、ああなってこうなるんじゃないか、じゃあ、彼が出たら、こうなってやっぱりあれかも・・・とか考えてもしようがないことが、どんどん頭を駆け巡っていきます。いまさら、いろいろ考えてもしかたない、とにかく点を取って、えいっと勝ちましょう。そうそう、今日の非公開練習での嘉人について、塚田監督がこんな話をしていました。「今日は、力が抜けた、いいシュートを打っていたね。いつになく、力みがなかった。ニオイますね」と。ここ数試合、打てども打てども入らない自分のシュートに、一番腹が立っているのは嘉人自身でしょう。ここ一番に必ず決めてきたのも嘉人。信じましょう。

 

|

« 土曜日に向けて、着々と | トップページ | 涙も出ません、悔しくて »

コメント

 今年も去年同様、最終戦にセレッソの命運が託されることとなりました。優勝したら多くのものが得られますが、失うものは何もなく、逆に、J2に落ちてしまえば、多くのものを失いますが、得られるものはほとんどないでしょう。そういった意味では、降格争いの方が 重苦しいプレッシャーにさいなまれるもの という気がします。
 今年1年間試合をしてきて 最後の最後の試合の ちょっとしたプレーのミス あるいは ファインプレーで 選手やチームの命運が決まるかもしれない というのは サッカーは過酷な球技 という思いもしますが、それを引き込むのは 最後は「勝利への執念」と思います。
 セレッソイレブンには、福岡へ移った「布部 久藤」両選手の執念に負けない プロとしての戦いぶりを見せて欲しいと思います。 

投稿: せれぞう | 2006年12月 1日 (金) 03時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/12883995

この記事へのトラックバック一覧です: 思いは千々に乱れるけれど:

» 審判の日 [大阪の耳はロバの耳 ]
去年の今頃に同じタイトルで記事を書いたが今年は去年の優勝争いとはまったく逆の意味 [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 23時37分

» トゥルコビッチ選手の近況 [クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナを考える会]
この会の発足のきっかけとなった 2002年のJ2時にセレッソ大阪に在籍していた トゥルコビッチ選手の近況を クロアチアへ行こう!! の管理人であり 当会に凄く協力して頂いたザグレブ在住の長束恭行さんから 教えていただいたのでお知らせします。 今は3部リーグのNKメタラッツ・オシエク(NK Metalac Osijek) というチームに在籍しています。 会長と友人関係ということもあって、引退前に一肌脱いでいるとのこと。 彼のサッカー選手としての最後のクラブになるかもしれません... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 01時04分

» サッカー スパイクに仕掛けは?デコモデル【アンブロ】 [サッカー スパイク大集合@あの選手使用の、サッカー スパイク]
突然の、トラックバック失礼します。サッカー スパイク紹介です。サッカー少年であれば、一度は履いたことがある、アンブロのサッカー スパイクですが、サッカースペインリーグ、リーガエスパニョーラ、バルセロナ所属、デコ選手着用モデルのサッカー スパイク... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 16時16分

« 土曜日に向けて、着々と | トップページ | 涙も出ません、悔しくて »