« とらえ方は様々 | トップページ | 熊本で大分戦 »

2006年10月10日 (火)

秋風がしみる

 今週から本格的に南津守での練習が再開。週初めということで、フィジカルから始まるいつものメニューでスタートしました。負傷中のサケ以外は、ピッチに元気な姿を見せた選手たち。ブルーノも別メニューながら先週よりハードなトレーニング。復帰は近いかもしれません。

 再び最下位になってしまい、秋風が冷たく感じられる最近。記者たちが集まると、ついつい「残留と降格」話になってしまいます。数字でみる現実はすごく厳しいのですが、セレッソを含む下位3チームがダンゴ状態になっているのがミソかも。ここからどこが抜け出して、入れ替え戦にたどり着くか(すごーく低い目標で悲しいけど)というのが、現実路線でしょう。

「抜け出す可能性が高いのはセレッソやと思うんですけどね」と、ある記者。うーん、そうかもしれないけど、ずっとそう思いこんでしまうところに穴があるかも。だって、「弱くない、ホントは強いのに」と思い続けた結果が今の成績だから。厳しい現実はありあり、なのに取材をしていてもそれほどせっぱつまったものを感じないのは私だけ?

|

« とらえ方は様々 | トップページ | 熊本で大分戦 »

コメント

 清水と対戦していた時、ふと思ったのですが「そういや去年の今頃 清水は降格争いしていて セレッソは無敗街道まっしぐらだったな~」と。数年前J2だった川崎がJ1で優勝争いし かつて王者に君臨していたベルディがJ2の中位でうろうろする位ですから、チーム間の力の差が 実はそれほどないのが 今のJリーグなのかもしれません。個人的には、今のセレッソは若い選手が多いから(前田 江添 藤本 宮本 苔口etc)今はここ数年将来に渡る「底」の時期 と思っています。未来の大器 柿谷のためにも 今年は是が非でも残留して欲しいところですが。個人的には、一回 J2を経験しているから「落ちたらまた上がってくりゃいいじゃん」などと けっこうお気楽な部分があります。2001年の時のような悲壮感がないのは確かです。シナリオ的には 最終節までもつれて勝ち点差でぎりぎり入れ替え戦、1戦目落として 2戦目どうにか追いつき 延長で勝利 なんてのがドラマチックだな~などと。心臓には悪いけど。

投稿: せれぞう | 2006年10月11日 (水) 05時29分

いつも、楽しく、拝見しております。
セレッソを密かに応援しているものですが、
私のミスでトラックバックを2個つけてしまいました。
できれば、一つ削除お願いいたします。
すいません。
私はできれば、残留圏内に入って欲しいです。
しぶしぶ、入れ替え戦、て感じで。
それでは。

投稿: まれ。 | 2006年10月13日 (金) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/12228989

この記事へのトラックバック一覧です: 秋風がしみる:

» セレッソと残留圏内の数字。 [空転滑車(仮)]
だいたい、サッカーを応援してると、自分のチームに対しては楽観的にみてしまうもので [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 23時22分

« とらえ方は様々 | トップページ | 熊本で大分戦 »