« ギャップが楽しくて | トップページ | 久しぶりにサテライトリーグ »

2006年9月23日 (土)

「次だ、次」

 試合後、記者の囲み取材を受け、今日の試合を振り返った名波は、最後にグッと顔上げて、タイトルの言葉で締めくくりました。まるで、自らと周囲に言い聞かせるように。

 前半から相手・福岡が攻勢。といっても内容で押されていたわけでは決してなかったと感じました。「アビスパの、もうこれ以上負けられないという、捨て身で体を張った全力プレーに圧された。相手のほうがはるかに上、気持ちで負けた」と名波はいったけれど、まさにそう。塚田監督も「最後まで相手の勢いに圧された」と話していました。

 相手は最下位、決して調子はよくない。セレッソはようやく調子が上向いてきた、点もコンスタントに取れるようになってきている――ここに気持ちのゆるみやおごりはなかっただろうか。ホームで、絶対に負けられない強い気持ちで向かってくる相手に、セレッソは気持ちの準備はできていたのだろうか? 少なくとも前半の戦いぶりからは、感じることができませんでした。

 後半に入って、それまでも攻撃の起点になっていた右からの仕掛けから、久藤がつないで最後はヌノ。リードされて、モリシアウト、名波イン。続いて負傷したアキに代わって、デカモリシイン。71分にデカモリシがシュート、おしくもGK正面・・・という場面が唯一のチャンスらしいチャンス。さらに柿本も投入してボールを支配、DF2人だけを残して、全員で攻めるもののゴールは最後まで生まれませんでした。

 絶対に負けてはいけない試合に負けた。さすがの私も試合後はがっくり。でも、折れそうな気持ちをかろうじて持ち直すことができたのは、前向きな名波コメントを聞けたから。「まだまだみんなあきらめていないし、いつも前を向いてやっていきたい」「落ちるなんて思っていない。でも、もちろん危機感はずっと持っているけど。『今日の負けはしょうがない』と思っている選手は1人もいない。この負けを次に生かすという習慣をつけないと。結果が出ないと下を向きがちになるが、みんな切り替えてやってくれると思う」。

 厳しさは増すばかりのチームにあって、常にポジティブな考え方を崩さない強さ。今、チームに必要なのはそんな姿勢だと思う。「もうあかん」なんて思うのは、まだまだ早い。もっとも誰もそんなこと思っていないと思うけれど。「次だ、次」。前を向きましょう。

 心配なのはアキのけが。前半からかなり厳しいマークを受けていましたが、「相手に蹴られた」という左足首がかなり痛そう。次節の出場は? との質問に「まだわからない」とのことでした。

 取り急ぎのゲームレポートでした。福岡まで来られたみなさん、お疲れさまでした。残念だけれど、選手たちがこの悔しい敗戦いい薬にしてくれたら・・・と思います。

|

« ギャップが楽しくて | トップページ | 久しぶりにサテライトリーグ »

コメント

私も試合前から「気持ち」の部分に危惧を抱いていました。そういう方は沢山いたと思います。
「気持ちで負ける」一番悔しい事です。あってはならない事です。
アキのケガはやはり前半で削られた時のものなんですね。あのタイミングで自らピッチを出たので、余程の事だと思います。
予想以上に早く治って、できれば次節、またピッチに立っていてくれるように祈っています。
今日の試合はナナが入った事より、アキが居なくなった影響の方が大きく出たように感じました。苦しいですね。
試合後の監督の会見で「なぜ前半から名波を使わないのか」という趣旨の質問がありました。ここのところ、それが一番知りたい事でした。
あれはヨコモコさんからの質問だったのでしょうか。
監督は「ナナに頼ってばかりいるのではなく、ナナがピッチに居なくても何とかできるチームにしたい」と思ってられるんでしょうか。だからナナを後半から使ったり、投入が遅れたりするんでしょうか。
私は今はすでにそんな猶予もないと感じています。まずは勝利。勝利を重ねる事で、「ナナがピッチに居なくても何とかできるチーム」になっていくんじゃないのか…と。
監督に不信を抱きたくない。それで今までずっといい方にいい方に捉えようとしてきました。でも、さすがに何をどうしたいのか、分からなくなってきました。
こんな気持ちで戦いたくないです。監督を信頼して戦いたいです。
諦めの気持ちはこれっぽっちもありません。今日の試合で目標を更に下方修正しなければならなくなりましたが、それでも15位にはもっていきたいです!
長文失礼致しました。なんやかんや言いもって、それでもやっぱりがんばります!

投稿: 団子3兄弟の母 | 2006年9月23日 (土) 22時00分

>ここに気持ちのゆるみやおごりはなかっただろう
>か。ホームで、絶対に負けられない強い気持ちで
>向かってくる相手に、セレッソは気持ちの準備は
>できていたのだろうか? 少なくとも前半の戦いぶ
>りからは、感じることができませんでした。

ヨコモコさんに文句を言うつもりじゃないんですけど、メンタルの件はもう聞き飽きました。

何度、そういう節目節目で「気が緩んだ」みたいな話が出てくるんでしょうか。

やっぱりヌルいんですか、セレッソの中って。
書ける範囲でインサイドレポートでもお願いしたいところです。

投稿: ryu | 2006年9月24日 (日) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/12010098

この記事へのトラックバック一覧です: 「次だ、次」:

» 終戦記念日 [大阪の耳はロバの耳 ]
はい、終わりました。アビスパ福岡VSセレッソ大阪。 元セレッソの久藤のクロスを元 [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 21時27分

» とにかく、あと10試合!~セレッソvsアビスパ~ [大阪、おおさか、OSAKA]
9月23日、Jリーグ第24節が行われ、セレッソは、アウェイで、アビスパと対戦し、 [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 02時07分

« ギャップが楽しくて | トップページ | 久しぶりにサテライトリーグ »