« 感じる力 | トップページ | ここらで気をを引き締める »

2006年8月16日 (水)

スタンドからの熱視線ビシビシ

 今日も南津守は大盛況でした。私には、今季一番の人出かと思われた昨日と同じぐらいに見えました。9時半からの練習でしたが、ミーティングを終えて選手たちがグラウンドに出てきたのは、10時ごろ。そして、10時30分頃から紅白戦が行われました。

 スタンドで取材をしていましたが、スタンドからのまなざしの熱いこと。「期待光線」がビシビシ発せられていましたね。20分のゲームを3本。注目の名波選手は1本目と2本目に出場。それぞれボランチとトップ下でプレーしました。昨日の今日ですから、コンビネーションはまだまだまだという感じでしたが、やっぱり「持って」ます。私の隣で見ていた記者は、「うーん、モノが違いますね」とうなっていました。

 ゴールにはならなかったけれど(ポストに当たった)、嘉人に出したスルーパス、その後嘉人のゴールをアシストした浮き球パス、南津守のスタンド(私含む)をすっかり魅了してしまった背番号16。いやでも期待は高まります。

 練習後、塚田監督に話を聞きました。「今日のミーティングでチームとしてどういう攻守をしようといるか、(名波にも)話をしたがまだまだ完全ではない。いろいろなポジションを試した中で、彼のよさは出たと思う。前の選手は彼がボールを持つと思いきって前に出ていたし、いろいろな意味で相乗効果はあるでしょう」とのこと。気になるポジションですが、「できるだけチャンスメークできるポジションでとのこと」でした。

 今日の練習で一番元気だったのは山田くんだった気がします。ほとんどのベテラン組が紅白戦の2本目でアウトしたのに対し、若手にまじって3本目も出場。暑さの中、最後まで運動量が落ちなかったのはさすがでした。前節はベンチ外でしたが、今日の動きを見ていると、先発で! と期待したくなります。肺炎に罹ってしまったゼ・カルロスを別にすれば、けが人はゼロ。今日の紅白戦を見る限り、組み合わせは幾通りも考えられます。次節はどんなメンバーで臨むのか、かぜん楽しみになってきました。

 

 

|

« 感じる力 | トップページ | ここらで気をを引き締める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/11467802

この記事へのトラックバック一覧です: スタンドからの熱視線ビシビシ:

« 感じる力 | トップページ | ここらで気をを引き締める »