« 「そのために僕は来た」 | トップページ | ちょっぴり明るく »

2006年8月24日 (木)

京都戦で思ったこと、など

 まだ昨日の試合の余韻が残っているというのに、あさってはもう次戦が行われます。残暑の厳しいなか、来週の水曜日まで連戦です。次節は・・・という話の前に、昨日の試合の振り返りをもう少し。昨日の試合後のエントリは、名波語録のみになってしまったので、他の選手のコメントも紹介しておきます。

 まず嘉人。7試合目にして初めてのゴールで、ホッとした様子でした。「2ゴール、よかったね、どうでしたか?」と聞くと、「うれしかったけど、追いつかれたから。ああいう形で追いつかれて残念。今日は絶対勝ちたかった。1点目はトラップした瞬間にGKが見えた。2点目はナナさんがどんピシャであわせてくれた。裏でボールがもらえれば点取る自信はあった。点を取って気持ちも変わったし、これで乗っていければいい」。数試合前から体にキレが戻っていた嘉人。「ボール待ち」ともいえる状態だっただけに、パサー登場は何よりうれしかったはず。アキも、「攻撃は見ての通り。ナナが入って前線にボールが出ている。もう少し早ければよかったけれど、バテバテでボールに追いつけなかった」。とか言いつつ、ワンツーからコータのヘディングシュートをアシストしたりしてましたけど。

「小僧(嘉人のこと)が2点とって、これから乗ってくるんじゃないかな」(アキ)とか、フルに勝負強さが戻ってきたことなどを考えると、攻撃については明るいものが見えてきた気がします。守備については、いろいろ課題がありそう。終了間際の時間の使い方もそうだし、セットプレーからの失点も気になる。次節までに時間はあまりないけれど(ほとんどないといったほうがいい?)、修正をしてほしいです。

 昨日の名波のコメント、「去年あれだけ悔しい思いをしたのに・・・」を聞いて、思ったこと。実際に悔しい思いをした選手たちの口からではなく、身をもって味わっていない選手から聞いたことに不思議な感じを受けました。去年在籍し、今も試合に出ている選手たちのなかで、「あの経験」はどう存在しているのか、聞いてみたくなりました。

 以前、ある選手(去年は在籍せず)に話を聞いたとき、「去年は入っていたシュートが、今年はことごとくバーやポストに嫌われて入らない。みんなは『ついていない』というけれど、裏を返せばそれだけ去年運がよかったということ。認めたくない人は多いかもしれないけど、それを自覚しないとダメだと思う」。去年のあの「悲劇」を、客観的に見ていた彼らだからこそわかる、セレッソの「アキレス腱」。そういう声が今から強くなっていけば、まだ何とかなるかもしれないと、思うのですが。

 

|

« 「そのために僕は来た」 | トップページ | ちょっぴり明るく »

コメント

 優勝争いした翌年は低迷する というのがセレッソのジンクス(?)ですが、「天皇杯を制したチームは、低迷する」という半ばジンクスのようなものがJリーグにはあります。理由としては、ある年うまくいった戦術を、選手が変わっているのに又貫こうとして、機能せず、又 他チームから研究されて 対策立てられて チームの歯車が狂う といったことなどがあると思います。
 去年の天皇杯、ガンバ戦を見てましたが「大黒とアラウージョがいたら1-3で負けてたな」と思いました。実際 次戦の清水には ほとんど何もできずに負けましたし。優勝争いすることによって「強くなった」と勘違いし、いろんな問題が実際起こっているのに、対策立てれてないと いうのが低迷する要因のような気がします。去年の最終戦、ロスタイムを守れきれずに優勝を逃したのは時間的な事実ですが、2点目取ったあと 一方的に攻められて、FC東京の巧みなセットプレーに最後にやられた というのも「事実」だと思います。
 京都戦とFC東京戦が重なった人も多い と思いますが、根本的な問題は、「勝つのが当たり前」のチームの名波選手と、「たまに優勝争いする」チームのメンタリティの差のような気さえします。選手には酷な話ですが。

投稿: せれぞう | 2006年8月25日 (金) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/11588401

この記事へのトラックバック一覧です: 京都戦で思ったこと、など:

« 「そのために僕は来た」 | トップページ | ちょっぴり明るく »