« 津守には行ったんですけど | トップページ | 今が分岐点 »

2006年7月23日 (日)

浜松から

 ジュビロ戦を取材後、浜松のホテルからです。今、テレビで試合の録画放送中。さっきピンゴのゴールが決まりました。しかし結果は1-3です。また勝てませんでした。厳しいなあ。

 試合の入り方は悪くなかったのです。開始40秒でのピンゴの先制点が入ったこともありますが、守備も(今までに比べて)締まって見えました。でも、27分の失点のシーンはいただけませんでした。攻め続けたあとのカウンター。前節もそうでしたが、どうもマークがルーズになってしまう。この時点で少し不安を感じました。でも、初スタメンのボランチ・宮本が中盤で精力的に動いて、相手の攻撃の芽をつんでいました。今日こそ・・・と思って前半を終えたのですが。

 後半の2失点は、目を覆いたくなるものでした。「ディフェンスに関しては、球際など基本的なことが欠けている」(前田)、「ボールを奪うポイントがずれている」(山崎)と、選手たちは守備における基本的な問題を指摘していました。ディフェンスについては、中断期間に相当トレーニングをしたはずなのに、ちょっと心配です。これだけ失点を重ねると、自信を失ってしまうのも無理はありませんが。

 攻撃もしっくりいっていない気がします。どう攻めるのか、という狙いが見られません。ミックスゾーンに現れた嘉人の顔は悔しさにゆがんで見えました。「ジュビロのディフェンスは最初から整っているように見えなかったから、そういうところを突きたかったが逆にうちが突かれましたね」と自嘲気味なコメント。思うようなボールが出てこず、嘉人らしいプレーは今日も見ることができませんでした。

 警告を受けたアキは累積で次節は出場停止。アキを嘉人に交代したのは「前線からもう一度チェイシングをしていくためと、次節のことを考えて、大久保と柿本のコンビネーションを確認しておきたかったため」(塚田監督)とのこと。モリシの復帰が確実でない今、アキもいない次節。試練のときは続きそうです。

 ネガティブなことを考え出したら、いくらでもできます。でも、まだシーズンは続きます。このままでは終われない。選手たちの奮起を期待します。

|

« 津守には行ったんですけど | トップページ | 今が分岐点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/11063994

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松から:

» ヤマハスタジアムに行って来た [大阪の耳はロバの耳 ]
最下位にあえいでいる我がセレッソ大阪を鼓舞するためにヤマハスタジアムに行ってきた [続きを読む]

受信: 2006年7月23日 (日) 16時05分

« 津守には行ったんですけど | トップページ | 今が分岐点 »