« 夜ふかし続きで困っています | トップページ | 時差生活続行中 »

2006年6月23日 (金)

目をそらさずに

「厳しい」、「わずかな可能性」と言われていた、ブラジル戦が終了、1-4。玉田選手のゴールで先制して、 もしかしたら・・・とは思ったけれど、前半からブラジルはミスがほんとに少ない。日本は立ち上がりからかなり飛ばしていたので、「後半、足が止まらなければいいけれど」と案じていたら、なんと前半ロスタイムに早くも追いつかれるとは。

 後半は、もう防戦一方。見ていて切なくなるほどに。テレビで見ている限り、日本の選手たちの必死さがあまり伝わってこない。私は、実際に取材してきていないので、どういうチームなのか、今までどんなプロセスを経てきて、今はどんな状態にあるのかはしらない。でも・・・何なのだろう、この淡々とした雰囲気は。

 ものすごく悔しい、と同時にむなしさを覚えた今日のゲーム。今大会のたたかいを分析し、次につなげる作業が待っている。どうか、目をそらさずに、真摯に行ってほしい。そう、切に願う。

 

|

« 夜ふかし続きで困っています | トップページ | 時差生活続行中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/10642907

この記事へのトラックバック一覧です: 目をそらさずに:

» 2010年に向けて [Desmarque Web Blog]
日本のW杯が終了しました。結果は1分け2敗のグループ最下位。 まあジーコが4年間で培ってきた事を考えれば至って順当な結果なんでしょう。もっとも、培ったというよりも、食いつぶしてきただけのことですが。そういうわけで、決して驚くべきことではありません。個人的に....... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 02時10分

« 夜ふかし続きで困っています | トップページ | 時差生活続行中 »