« 目をそらさずに | トップページ | 疲れはピークにきているけれど »

2006年6月24日 (土)

時差生活続行中

 さっき家に帰ってきて、郵便受けの夕刊をピックアップ。1面にどーんと掲載されていたヒデ(中田英寿選手)の写真に、胸をつかれる思いがしました。試合後、センターサークルで横たわり、涙を流していた、あのシーン。彼が、試合後のピッチで泣く、ということに驚いたと同時に、なんとなく予想していた自分がいました。今大会にかける彼の思い、ふがいない試合、W杯の終了・・・。日本にとって、ドイツ大会は一体なんだったのだろうな、と考えてしまいます。

 さて、今日(もう昨日ですね)は久しぶりに取材に出かけました。といっても、津守ではなくサッカースクールの大阪南校へ。2度目の訪問だったので、私を覚えてくれていたスクール生もいて、うれしかった。今日は、トップの選手たちがスクールを訪問して、激励、サイン会をするということで、その取材。大阪南校にやってきたのは、モリシ、ヤナギ、吉田、の3選手。モリシが、「みんな、サッカー好きですか? がんばって練習してくださいね!」とあいさつし、サイン会と記念撮影。子どもたちも大喜びで、取材も無事終了。

 モリシたち3人がやってきたとき、「お疲れさまー、元気?」と声をかけると、モリシは「痛、痛、いたー」と大げさに身をよじるしぐさ。私「ふふふ、かなり筋肉痛きてるみたいやねー」モリシ「もう、大変っすよ」。ヤナギは、「サッカーというより、陸上並みに走ってるからね、最近は」と、苦笑い。どうぞ走ってください、もっと。走れ、走れーーー。

 週明けには、彼らの走りっぷりを見に行くことにします。その前にこの時差生活を何とかしなければ。

|

« 目をそらさずに | トップページ | 疲れはピークにきているけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/10653568

この記事へのトラックバック一覧です: 時差生活続行中:

« 目をそらさずに | トップページ | 疲れはピークにきているけれど »