« お知らせです | トップページ | キャンプが始まりました »

2006年6月29日 (木)

大西さんのこと

 今朝早く、ザスパ草津の社長である大西忠生さんが亡くなられました。ご存知のかたも多いと思いますが、大西さんは、'96年から'01年(の夏)までセレッソの強化に携わっておられた方です。数年前から闘病を続けながら、ザスパの強化、運営に力を尽くしてこられました。

 今年に入って、2度お目にかかりました。1度は2月のJリーグプレスカンファレンス。会場へ移動する途中の通路でばったり会って、歩きながら話しをしました。「セレッソ、今年は気ぃつけんとアカンで」。昨季、あと一歩で優勝を逃がした“古巣”を気にかけておられた様子でした。大西さんがセレッソを辞したのは、結果的にJ2降格が決まった'01年。優勝争いから一転、不振を極めたシーズン。信じがたい出来事がたくさん起こった年でもありました。「もう一回、J1で優勝できるチームを作りたいな」。セレッソを辞したあと、そんなことをおっしゃっていた記憶があります。

 今年、2度目にお会いしたのは、J2リーグの開幕戦の会場でした。神戸ウイングでの試合に劇的な勝利を飾り、ロッカールームの横でスタッフと抱き合って喜んでおられたことが印象に残っています。ここ数年は、ザスパのためにひたすら力を注ぎ続けておられました。ザスパが最短といえるスピードでJリーグ入りを果たしたのも、大西さんの力が大きかったと思います。「本当に地域に根ざした、地域のためのクラブにしたい」。熱い口調で話しておられたのを覚えています。

 セレッソにおられたころは、本当にお世話になりました。記者としてお世話になった3年余りもそうですが、広報として働いた2年間は、上司としてお付き合いいただき、いろいろなことを学びました。セレッソをプロらしいクラブにしたい、プロとしてどうあるべきか・・・それが口癖でした。「セレッソを強くしたいんや」という言葉もよく聞きました。'それだけに、01年に志半ばでクラブを離れたことは、どんなに悔しかっただろうと振り返ります。

 セレッソを本当に強くしたい、そう思って働いておられた大西さん。生前のご活躍を偲び、思い出話をさせてもらいました。心からご冥福をお祈りいたします。どうぞ安らかにお眠りください。

 

|

« お知らせです | トップページ | キャンプが始まりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/10724336

この記事へのトラックバック一覧です: 大西さんのこと:

« お知らせです | トップページ | キャンプが始まりました »