« 嘉人が帰国 | トップページ | 新しいものへの挑戦 »

2006年5月30日 (火)

マッチデープログラム

 今日は、久しぶりにグラウンドに行ってきました。どのぐらい久しぶりかというと、21日の大宮戦後初めて。練習のあと監督の囲み会見をしたとき、「紅白戦で3バックを試されましたが・・・」という質問に「むむ・・・そうやったんか」と心の中でつぶやいていました。ちょっとした浦島太郎気分です。

 練習は、走る走るトレーニング。かなり気温が上がって暑かったですから、きつそうでした。塚田監督は、「最低限のレベルですよ」と、涼やかに笑っていましたが。

 練習後、次号のマッチデープログラムのインタビューをしました。選手は・・・仮にY選手としておきましょう(4日の試合のときに確かめてね!)。「このナビスコカップの準々決勝がチームにとっていかに大切か」ということなどをしっかり話してももらい、約30分間のインタビューが終了しました。おもむろにマッチデープログラムを手にした彼はこう言いました。「いつも、試合前に選手はみんな読んでいるんですよ、このインタビュー」。

 ロッカールームにマッチデープログラムが置いてあり、ウォーミングアップまでの間に読んでいるのだとか。そういえば、この間インタビューしたカキ(柿本)も「いつも読んでいます」と言っていたな。そのときは、社交辞令かと思って、「どうもりあがとう」と返したのですが・・・。「みんなが試合前に読むものだから、モチベーションがあがるように、今度の千葉戦に向けて、みんながいい気持ちで入っていけるように、意識してしゃべったつもりなんです。だから、そういう原稿をぜひお願いします」と、Y選手。

 マッチデープログラムの原稿を書き始めて10年以上になります。でも、知らないことはあるもんです。というか、気づかないことはあるものものですね。マッチデープログラムは、試合前のお客さん(サポーター)だけではなくて、試合に臨む選手も目にするものだとは。これからは、また違ったモチベーションを持って原稿を書くことができそう。サポーターのみんなに楽しんでもらいつつ、選手を鼓舞するインタビュー。さあ、どんな記事ができあがるのでしょう。わー、すごいプレッシャー。がんばります!

|

« 嘉人が帰国 | トップページ | 新しいものへの挑戦 »

コメント

さすがはY選手!
Y選手の深さ、大きさを感じます。こういう事ができる人ってカッコイイですね。今はなかなか本当にやりたい事ができないかも知れないけど、本領発揮、期待してます!
って、ここまで書いて間違ってたりして。笑
ヨコモコさんもがんばってください!!応援しています!

投稿: 団子3兄弟の母 | 2006年5月30日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/10315606

この記事へのトラックバック一覧です: マッチデープログラム:

« 嘉人が帰国 | トップページ | 新しいものへの挑戦 »