« 甲府にて | トップページ | 若手選手たち »

2006年5月12日 (金)

遅ればせながら、甲府戦

 しつこく(?)今日も甲府戦。よく考えてみると試合当日は「勝利」の喜びに浸り、昨日は甲府の街などについて書き・・・試合レポートをほとんどしていないことに気づきました。平日のナイトゲーム、しかも遠方だったため、実際に試合を見られた方は少なかったはず。テレビ中継もなかったし。

 メンバーは川崎戦から少し変わっていました。モリシ、アキ、トク、ヤナギのベテランたちがベンチへ。コータ(藤本康太)は右足首をひねったと(御殿場での練習中)のことで、ベンチ外。ハーフタイムに偶然スタジアムの廊下で会って、ケガのことを聞いたのですがすごく悔しそうでした。クラブから正式に発表がないところを見ると、大事に至っていないのでしょうか。

 それはさておき、そのコータの代わりに山田くんが右サイドバックに。ヤナギのポジションには、負傷していた前田くんが復帰。モリシのポジション(トップ下)にはピンゴ、アキのポジションにはコケ(苔口)、トクのポジション(右サイドハーフ)にはサケ(酒本)。これがスタメンでした。ナビスコは「若手の登竜門」に位置づけられている試合ですし、今のチーム状況を考えても、フレッシュな戦力の台頭は待たれるところ。期待を込めて見ていました。

 前半はセレッソがボールを支配。でも決定なチャンスはなし。それは甲府も同じで、何となくボーっとした内容でした。でも、セレッソのほうには、もしかしたらチャンスになりそうな場面はあったのです。前半17分には、トーミから相手バックラインの裏をつく絶妙のパスが出て、スピードを駆ってコケが飛び出したまではよかったのですが、コントロールミス(ボールの上に乗ってしまったように見えました)でシュートには至らず。コケは後半開始直後にもトーミからのパスを受けてシュートを放ったものの、ゴール右へ。試合後は「帰ってシュート練習をします」と言っていました(してくださいね)。もう1人の抜擢組、サケ。こちらも右サイドを突破してみせる場面は何度かありましたが、クロスがあと一歩というところでしょうか(ちょっと辛口)。

 この試合で際立っていたのは、トーミのプレー。パス、とりわけ前線への決定的なパスに冴えが感じられました。最後のアキのゴールに結びついたパスも確かトーミからのものだったはず。もともとパスワークには自信を持っている選手ですが、今季はやや調子を崩していたように思います。川崎戦は出場停止でお休み、うまくクールダウンができたのでしょう。

 そして、フル。彼の完全復活の日は近いかもしれません。川崎戦ではどんな体勢でも積極的にシュートを打つ、彼らしい積極性が光っていました。甲府戦では献身的な守備が印象的でしたが、シュートも4本。惜しいFKもありました。Jリーグ入りしてからは、順風満帆そのものだったフルだけに、苦しいと思います。でもホンダ時代も結果が出なくて辛い時期があったと聞いたことがあります。もう少しで乗り越えられるような気がします。

 毎日甲府戦のことを書いているうちに、もう次の試合。あさってはセレッソにとってナビスコの4戦目、名古屋戦。慌しいなあ。

|

« 甲府にて | トップページ | 若手選手たち »

コメント

苔の相手のチェックをもろともしないドリブルはゴール裏から見ていると圧巻でした。だからこそ、最後は決めてほしかった・・。
やっと苔らしいプレーをみる事が出来るようになったので、出場した時は遠慮せずに攻め抜いてほしいです。

甲府にいってよかった。

投稿: ゆたか | 2006年5月13日 (土) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/10037311

この記事へのトラックバック一覧です: 遅ればせながら、甲府戦:

» 甲府戦から名古屋戦に向けて [Desmarque Web Blog]
平日の小瀬・・・勤め人にはとても行けるはずもなく、速報サイト、各種掲示板などを見比べるだけでした。アキの決勝点が決まった時は、すぐには信じられなかったです(笑)。なんせ、ギリギリまで0-0が続いていて、「今のチーム状態を考えたらアウェーで引き分けなら御の字か」...... [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土) 16時47分

« 甲府にて | トップページ | 若手選手たち »