« 期待を胸に、広島に向かう | トップページ | サテライトの試合を観てきました »

2006年4月22日 (土)

よき方向に考える

 試合後、ミックスゾーンや記者室で何人かの記者と話をしてみて、「見る人によって、試合の印象は違うのだなあ」と、つくづく感じました。今日はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦。引き分けという微妙な結果だったせいか、「ずいぶんおもしろいサッカーになりましたね」という人もいれば、「まだまだやなあ、ミスが多い」という人もいました。普段どれぐらい取材をしているかによっても感じ方は違うだろうし、何にポイントを置いて試合を見るかにもよって評価がわかれるところなのでしょう。

 私は、「よかった」ほうに一票、という感じです。監督交代をしてまで変えたかったムードは明らかに変わっていたと思うから。ピッチ上だけでなく、いろいろな点で。試合の間じゅうずっと雨が降るという悪天候にもかかわらず、気持ちが少し晴れた気がしました。

 塚田監督も、選手たちも「手ごたえ」を口にしていました。まだ油が足りないながら、歯車がじわじわとかみ合い、ゆっくりとまわり始めたようなそんな感じ。特に攻撃においては、これからおもしろくなる予感がします。アキも「前に厚みができて、シュートにかかわる選手の数が増えた」と言っていましたし。フルのあのシュート(バーを直撃)が入っていれば・・・くーっ。

 ボールポゼッションができて、能動的に試合を進める時間帯が多かったこと、サポートの意識が高かったこと、よかった点はいろいろありました。それだけに、最初のあの失点!開始8秒だったと聞きましたが、「さすが寿人」としか言いようないです。そのあとよかっただけに、今日は勝ちたかったー。

 塚田監督が試合後に言っていた「最後まで攻めきること」「攻めるタイミング、攻めどころを忘れている」「危険察知能力が足りない」など、課題はあります。でも、思い切ったフォーメーションチェンジを行い、選手たちが3日間のトレーニングでチャレンジしたことについては、拍手を送りたいと思うのです。

 とりとめのない感想文みたいになってしまいましたが、ポジティブな気持ちになれる「リスータト」になったと思います。取り急ぎ、今日はこの辺で。

|

« 期待を胸に、広島に向かう | トップページ | サテライトの試合を観てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/9715185

この記事へのトラックバック一覧です: よき方向に考える:

» セレッソ、またしても引分けに終わる。~セレッソvsサンフレッチェ~ [大阪、おおさか、OSAKA]
4月22日、Jリーグ第9節、17位セレッソは、広島ビッグアーチで、最下位サンフレ [続きを読む]

受信: 2006年4月23日 (日) 00時05分

» 9秒で失点って… [大阪の耳はロバの耳]
塚田新体制。超攻撃的布陣でさてどんなサッカーを見せてくれるのか?我らがセレッソ大 [続きを読む]

受信: 2006年4月23日 (日) 00時38分

« 期待を胸に、広島に向かう | トップページ | サテライトの試合を観てきました »