« J2開幕戦に行ってきました | トップページ | 昨日の試合を振り返る »

2006年3月 5日 (日)

初戦のこわさ

久しぶりにアウェイツアーで“参戦”しました(往路だけでしたが)。私は3号車、2号車にはフリーアナウンサーの和田りつ子さん(りっちゃん)が同乗。到着するまでずっとマイクを握ってしゃべりまくったというりっちゃん。2号車の人たちはさぞかし楽しかったことでしょう・・・3号車のみんな、ゴメンね。余興なしで。

試合は2-3で敗戦。リーグ戦で久しぶりに負けたということより、3失点が悲しかったです。「セレッソって守備が堅くなったと聞いていたのに、意外ともろいんですね」。名古屋担当の記者に言われて、少しへこみました。

「3失点なんて、去年のナビスコのガンバ戦以来じゃないかな。去年のいいときに比べると、運動量も少なかったし、球際の強度ももっと上げられるはず。ハードワークと球際の厳しさはうちの生命線。それができないと厳しい。特に2点目、3点目のとられ方についてはVTRを見てしっかり反省しないといけない」。吉田くんのコメントがすべてを言い表している気がします。その通りの試合でした。

「いい入り方をしたい」という小林監督の考えに沿ってか、慎重な立ち上がりいだったと思います。前半は両チームともに見るべきところがなかったのですが、CKの流れから名古屋が先制。これは相手の高さにやられた形で、仕方のない失点と言えました。逆に言えば、この1失点に抑えなければならなかったはずでした。

後半の立ち上がり、CKから前田くんのゴールで同点に。その後失点をくらうまではセレッソの時間帯でした。あそこでグッと流れを引き寄せる、つまりもう1点を取れなかったのが悔やまれます。2点目、3点目といずれも中央を破られる形で点を失いました。「3点は取られすぎですね。後半いい時間に点が取れたが、ドリブルで真ん中を狙われた。パスでの攻めには対応できたが、ドリブルに対応できていない」と話したのはヤナギ。あまりにもあっけない失点でした。

名古屋担当の記者によると、名古屋は「まだ全然コンビネーションがうまくいっていない上にケガ人だらけで最悪の状況」だったそうです。あとで聞くと、今日の布陣も「ほとんど練習で合わせていないメンバー」とのこと。相手にしてみれば、そんな状態で勝てたことはラッキーだし、今後自信につながっていくでしょう。

逆に、セレッソに油断はなかったのでしょうか。油断というと語弊があるかもしれませんが、どこかよそゆきの、おとなしめのサッカーだった気がします。誰が、というのではなく全体に。初戦だから、慎重に大事にいこうという意識があったのかもしれません。

小林監督は試合後の会見で、「もっとボールに厳しくいく」「相手のオフ・ザ・ボールの動きに注意」「クリアしたらラインを上げる」ことを課題にあげていました。基本的に昨季と同じやり方で、というのなら1失点以下に抑えることが勝利への最低条件。何とか1週間で修正してほしいです。

昨シーズンの「大躍進」は、いまだにセレッソの枕詞として語られているし、今後しばらくはそれが続くでしょう。でも、昨季のことはもう終わったことととして、しばらく封印したほうがいいかもしれない。今日の試合を見て、そんなことを考えてしまいました。

|

« J2開幕戦に行ってきました | トップページ | 昨日の試合を振り返る »

コメント

試合が終わった当日に早速のアップ ご苦労様です。

>名古屋担当の記者によると、名古屋は「まだ全然コンビネーションがうまくいっていない上にケガ人だらけで最悪の状況」
ぐはっっっ!!・・・んなコト言われたらヘコみますよねぇ(泣)。

自分トコでも書こうと思ってるんですが、個人的にはシステムの相性も悪かったのかなと。
特にサイドのピンゴ&カルロスが前後で挟まれる=数的優位を作られてるわけだから、周りがフォローの仕方を考えなければ。

コバさんが次節までにしっかり修正してくれることを期待してます。

投稿: ヤマグチ | 2006年3月 6日 (月) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/8959301

この記事へのトラックバック一覧です: 初戦のこわさ:

« J2開幕戦に行ってきました | トップページ | 昨日の試合を振り返る »