« 始まります | トップページ | 初戦のこわさ »

2006年3月 4日 (土)

J2開幕戦に行ってきました

今日はセレッソの練習(非公開)ではなく、開幕戦を迎えたJ2の取材に行ってきました。神戸ウイングで行われた、神戸-草津戦。関西で唯一のJ2チーム・神戸もそうですが、やはり気になるのは、かつてセレッソに在籍した選手が多い草津。

立ち上がりからボールを支配し、攻めつづける神戸。必死に守る草津はGKの好セーブが光りました。神戸のシュートミスにも助けられて前半を0-0でしのぐと、後半立ち上がりに先制。これで流れが変わり、互角の戦いに。その後追加点を奪った草津に対し、神戸は前半のいいリズムがまったく見られず。終了間際には、中井による3点目まで飛び出して3-0で終了・・・。

神戸側に立ってみれば、サッカーの難しさ、勝つことの難しさを思い知らされた試合。草津にしてみれば、粘り強く自分たちのサッカーを続けることで、勝利の喜びを味わった試合といえるでしょう。数は多くなかったですが、ゴール裏に集まった草津サポーターの喜ぶ様子がまぶしく感じました。

試合後、ミックスゾーンで出てくる選手を待ちました。地元・草津からやってきたと思しき記者たちに囲まれ、晴れ晴れとした表情で受ける齋藤、中井両選手。その取材が終わったあとに話を聞くことができました。「監督が自由にやらせてくれて、すごくサッカーが楽しい。今日は僕らが走り続けたことで結果が出たと思う」と、竜。

ダメ押しの3点目を決めた中井くんは、「草津は走るサッカーだからしんどいです。次の試合が勝負だと思うので、続けて勝ちたいです」。その表情のなんとイキイキしていたこと。セレッソ時代には見られなかったものです。快勝したせいもあるでしょうが、両選手とも充実感がみなぎっていました。

さあ、明日はセレッソにとっての開幕戦。どんな試合になるでしょうか? 瑞穂でお会いしましょう。

|

« 始まります | トップページ | 初戦のこわさ »

コメント

取材&早速のアップ ご苦労様です。

>粘り強く自分たちのサッカーを続けることで、勝利の喜びを味わった試合といえるでしょう。
セレッソも昨年はこんな試合が多かったよなぁ。
今シーズンも同様の展開を期待したいもんです。

・・・あっ、シーズン終了時の結末まで同様じゃイカンな(汗)。
今年こそはセレッソの「優勝」とゆー結末を見届けられるよう、まずは5日の試合に勝ってもらうよう応援せねば。

投稿: ヤマグチ | 2006年3月 4日 (土) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/8943614

この記事へのトラックバック一覧です: J2開幕戦に行ってきました:

« 始まります | トップページ | 初戦のこわさ »