« 南国ムズムズだより | トップページ | 南国だより、つづき »

2006年2月15日 (水)

南国しとしとだより

15日は練習試合の日。当初の予定が少し変わって、11時からと14時からの2試合が行われました。朝から雨。ホテルから見える海も雨にけむっています。9時ごろにはいったん晴れ間も見えたのに、試合が始まると雨、雨・・・しとしとではなく、やがてじゃんじゃんぶりに。

11時からはトップチーム。前日監督が話していたのとは逆になったようです。メンバーは、バックラインがアビスパ戦とは変わっていました。予想していたように、中央にエゾ(江添)、右に前田、左にヤナギ(柳本)。それ以外はまったく12日と同じ。後半から山田→ピンゴというのも同じ(ただしポジションはそのまま右サイド)、そして同じく後半頭に吉田→多田、後半途中にモリシ→宮原、アキ→小松、ゼ・カルロス→徳重というのも、タイミングは違えど同じ交代。

だからというわけではないですが、結果も同じ(0-3)、そして内容は・・・。残念ながらいいとはいえませんでした。「出だしは悪くなく、いい流れだった。変な失点でペースを奪われた。そのあとも失点が続いて下を向いてしまった」(下村)、「アビスパ戦を受けて組織の動きを練習で取り入れ、いいは入りができたのにたった一発で変わってしまった」(監督)。

失点は前半37分、後半11分、同16分。変だな、おかしいなと思う人が多いかもしれません。だって、去年のセレッソは1点取られても下を向かず、むしろ反発するように相手に向かっていくのが特徴だったのに。そして追いついて、逆転できるたくましさを持っていたはずなのに、と。

「チームは生きもの」とよく言われます。まさにセレッソもそう。選手の入れ替わりがあった、ブルーノがいない、などいろいろ要因はあると思います。でもそれはシーズン中にだって起こりうること。たくましさが感じられなかったのが少し寂しかったです。チームの骨格を作り上げている段階で、苦しい時期だと思います。うまくいかないと疑心暗鬼になってしまうこともあるでしょう。でもこれだけの選手が揃っているのだから、できないことはないはず。

合宿では最後の練習試合だっただけに残念。少ししょんぼりな気持ちで宮崎をあとにしました。次にチームを見られるのは19日のサンガ戦。J1とはこの1試合しかないわけです。じっくり見たいと思います。

キャンプレポート、コメントなどもあります。続きは明日に・・・。

|

« 南国ムズムズだより | トップページ | 南国だより、つづき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/8680627

この記事へのトラックバック一覧です: 南国しとしとだより:

« 南国ムズムズだより | トップページ | 南国だより、つづき »