« サッカー選手の社会性 | トップページ | 南国だより その1 »

2006年2月11日 (土)

野球場で

日本代表のアメリカ戦をテレビ観戦。野球場での試合って、かなり違和感ありますね。画面を見ていても落ち着かない。うーんなんか変。で、試合内容は・・・あえて何も言いませぬ。うーーん。うなってばっかり。とにかくW杯本番でわくわくさせてもらえればそれでいいですから。

野球場での試合というと、セレッソも1度だけあります。'94年のJFL、その名も「山形県野球場」にて、NEC山形戦。試合は2-1でVゴール勝ち。ゴールしたのは山橋くんでした。が、ずっと後に聞くと、ゴール直前にボールはタッチを割っていたのに、暗くて(ナイターでした)見えずそのまま続行された、とか。きっとサッカー場としての照明設備は整っていなかったのでしょう。いくらJFL時代とはいえ、すごいことがあったものです。

この試合で私が忘れられないシーンがあります。この試合はモリシが欠場するなど、セレッソは苦しいメンバーのやりくりを強いられていました。控え室(のようなところ)でトモさん(久高さん)がテーピングをしながら、「痛いねんけど今日はそんなこと言うてられへんから」。なぜ私が控え室にいたのか、一体どんなタイミングだったのが、どんな流れでそんな話になったのか、前後の記憶は飛んでしまっているのに、その場面だけが鮮明に残っています。トモさんが強行出場し、超ラッキーなVゴールが生まれた。そしてセレッソが勝った。野球場での懐かしくも不思議な出来事でした。

さて、明日から宮崎に行ってきます。天気も良さそうだし、楽しみだー。

|

« サッカー選手の社会性 | トップページ | 南国だより その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/8612266

この記事へのトラックバック一覧です: 野球場で:

« サッカー選手の社会性 | トップページ | 南国だより その1 »